【pandas】26日目 DataFrameからDataを取得

スペイン語100日チャレンジ

インターネットがベースの時代ですので、100日頑張れば日常生活を送れるようになるかも?!
一緒に頑張りましょう。
【注意】
当ブログのスペイン語は南米アルゼンチンでのニュアンスが強く、参考音声もアルゼンチン人が収録しています。
西欧スペイン語とは若干ニュアンスや使い方が違う場合があります。

DataFrameからDataを取得

列の取得

昨日の続きから列を取得してみます。

pandasで昨日の続きから始める場合は、必ずpandasのimportから始めてください。

昨日の続きが出てきた場合にいきなり

df["Taro"]

を呼び出してもエラーとなります。

先頭に行き、順番にシフト+エンターで実行していけばOKです。

[type]でデータ型を取得

type(df["Taro"])

データフレームとして列を取得

次にデータフレームごと抜き出してみます。

df[["Taro"]]

データフレームとして抜き出せました。

type(df["Taro"])

DataFrameとして書き出されていることがわかります。

行を取得

df.loc["火曜日"]

で火曜日の行を取得できました。

.locで取得できるので、練習のためにも全行取得してみましょう。

行と列を指定して取得

df.loc["火曜日", "kotaro"]

これでばっちり取得できました。

[iloc]ナンバリングされた数字で取得する

一番最初は0に割り当てられることを忘れないようにしましょう。

Pythonのリストもナンバリングはすべて0から始まります。

df.iloc[:, 0]

今回のサンプルでいうと・・・

  • Taro = 0
  • Kotaro = 1
  • Masako = 2

となります。

df.iloc[:, 2]

だとこのようにMasakoが取得できました。

まとめ

ここまででとりあえず欲しいデータを抜き取ることができました。

もう少し大きなDataFrameなども作成し、何度も練習を重ねていきましょう。