音楽のリフレッシュ効果 “QOLの維持に音楽が役立つかもしれません”

ポイント音楽のリフレッシュ効果は古今東西様々な推測や研究が続けられてきており、今後も音楽家が考え続けなければいけない課題の一つではあります。
同時に医学的アプローチが極めて難しい分野になってきます。
ドイツではサイマティックレゾナンスなどの医学的アプローチの音楽療法もありますが、再現性に関してはまだまだ科学的とは言えません。
しかし少なからずリフレッシュ効果はある!と思われる方が圧倒的多数派であるといえるのではないでしょうか。

ニューサウスウェールズ大学の研究

2022年3月22日付に雑誌『JAMA Network Open』に掲載された研究によると、音楽を聴いたり、演奏したり、歌ったりすることは精神衛生上プラスに作用するという発表を行いました。

研究出典:Association of Music Interventions With Health-Related Quality of Life

これは音楽に携わっている方なら実感する点も多いかと思います。

この研究は26種類の過去の研究データとの組み合わせで行われ、総勢779人を対象に行われました。

平均年齢は60歳。

  • オーストラリア
  • ブラジル
  • 中国 (香港特別行政区)
  • ドイツ
  • インド
  • イタリア
  • オランダ
  • スペイン
  • スウェーデン
  • タイ
  • トルコ

で実施。

イギリスとアメリカではゴスペルや合唱などの集団での検証が行われています。

検証は生活の質を表すQOLに焦点を絞っています。

ポイント介護の現場でもQOLという単語は頻繁に使われます。
対象者のQOLをいかにバランス良く保つかという点は非常に重要なポイントです。
HRQol健康状態を軸とした生活の幸福度を表します。
身体機能、メンタルヘルス、総合的な幸福感を8つの健康概念を評価するため36項目の質問を用意して評価される方法をSF-36(Short Form 36 Health Surveyと呼び、この研究ではその短縮版となる12項目に絞ったSF-12を採用しています。

音楽と運動とを比較

エクササイズなどの非薬品的な医学的介入と比較し検証。

すると、音楽によるメンタルヘルスの向上はエクササイズなどの非薬品的医学介入とほぼ同レベルになることがわかりました。

さらに8件の研究においては他の音楽療法と併用することで、HRQol(SF-12)においてさらなる有意な変化がもたらされたとしています。

課題と問題点

全体的に肯定的な研究結果が出た検証でしたし、他の論文でも肯定的な結果が多数現れているにも関わらず音楽療法がイマイチ確立されない点が個人間、つまりミクロで見た時にかなりのばらつきがあるという点です。

中期〜長期の記憶にアクセス

今回の研究では音楽を聴いたり演奏したり歌ったりするだけで、エクササイズと同等のメンタルヘルスの向上が見込めるとのことでした。

そこに音楽療法と組み合わせれば臨床的にも有意な変化が観測されたとされていますが、音楽療法自体は対象者個人に合わせてプログラムを組んでいくものであり、目的は長期記憶へのアクセスなど退行催眠などの要素も含まれていると筆者は勉強していて感じています。

だからこそ、音楽療法士は人の数だけプログラムが組めるほど多くの音楽的な文化や歴史、ジャンルを知り尽くしている必要がありますし、膨大なデータの中から個人に合うプログラムを組み上げていく必要があります。

もちろんその地域の伝統音楽や民族性の高いものも必須になりますので、音楽は世界共通言語と言われますが、やはり音楽療法に関して言えば地域密着型というのが最適だと思います。

本研究でもこのように締めくくられています。

“Future research is needed to clarify optimal music interventions and doses for use in specific clinical and public health scenarios,”
「特定の臨床および公衆衛生シナリオで使用するための最適な音楽介入と用量を明らかにするには、将来の研究が必要です」

Association of Music Interventions With Health-Related Quality of LifeA Systematic Review and Meta-analysis

音楽療法の世界は多種多様な特定のルールが通用しないふわっとした世界として今後も進化していくと想像できます。

音楽療法士は介護士同様高いEQ(心の知能指数、感情知能)の求められますし、まさに人の心を癒す、音楽本来が持つパワーやエネルギーを司る素晴らしい役割になっていくことでしょう。

icon image

Kotaro Studioの癒しの音楽シリーズ432hzピアノ企画を是非体験してみてね!
こちらで紹介しているピアノ音源は全曲癒しの周波数と呼ばれる432hzでチューニングされた作品です。

やっぱりみんな大好きジブリ作品のピアノソロカバー!
ニュージーランドやアジア地域で何度もチャートインしています!
収録曲1、アシタカセッ記(もののけ姫より)
2、もののけ姫(もののけ姫より)
3、人生のメリーゴーランド(ハウルの動く城)
4、風の通り道(となりのトトロより)
5、となりのトトロテーマ(となりのトトロより)
6、鳥の人(風の谷のナウシカより)
7、いのちの名前(千と千尋の神隠しより)
8、6番目の駅(千と千尋の神隠しより)
9、ふたたび(千と千尋の神隠しより)
10、いつも何度でも(千と千尋の神隠しより)
11、海の見える街(魔女の宅急便より)
12、晴れた日に…(魔女の宅急便より)
13、やさしさに包まれたなら(魔女の宅急便より)
14、旅立ち(魔女の宅急便より)
15、帰らざる日々(紅の豚より)
16、時には昔の話を(紅の豚より)
17、節子と清太(火垂るの墓より)
18、海のおかあさん(崖の上のポニョより)
19、カントリーロード(耳をすませばより)
20、空から降ってきた少女(魔女の宅急便より)
平成から令和まで、映画やドラマで使われた懐かしい名曲をピックアップしました!
収録曲1、逢いたくていま(TBS系ドラマ日曜劇場「JIN-仁-」主題歌)
2、ドライフラワー(優里)
3、ハッピーエンド(映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」主題歌)
4、ANSWER(槇原敬之)
5、雪の華(中島美嘉)
6、Everything(ドラマ「やまとなでしこ」主題歌)
7、しるし(社会派ドラマ「14才の母」主題歌)
8、エイリアンズ(キリンジ)
9、First Love(TBS系テレビドラマ『魔女の条件』主題歌)
10、ハナミズキ
11、ひまわりの約束(アニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌)
12、楓(スピッツ) 13、ロビンソン
14、SAY YES(フジテレビ系月9ドラマ「101回目のプロポーズ」主題歌)
15、オールドファッション(ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』主題歌)
16、星の奏でる歌(TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」)
17、炎(映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』主題歌)
18、虹(東宝系映画『STAND BY ME ドラえもん 2』主題歌)
19、366日(映画&ドラマ『赤い糸』の主題歌)
いつの時代も決して色褪せることのない名作といえばこれでしょう。
収録曲1 ロミオの青い空より「空へ・・・」
2 小公女セーラ「花のささやき」
3 レ・ミゼラブル 少女コゼット「ma maman」
4 若草物語ナンとジョー先生「明日もお天気」
5 アルプスの少女ハイジ「おしえて」
6 赤毛のアン「きこえるかしら」
7 南の虹のルーシー「虹になりたい」
8 トム・ソーヤの冒険「誰よりも遠くへ」
9 母をたずねて三千里「草原のマルコ」
10 名犬ラッシー「終わらない物語」
11 フランダースの犬 「よあけのみち」
12 ペリーヌ物語「ペリーヌものがたり」

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
アルゼンチンに関する情報に特化した『青いタンゴ礁』も運営中!