【米国株備忘録】+ライトニングラウンド (10月16日)

※この記事は2020年10月16日に更新されました。

前日比前日比(%)
INDU:INDNYダウ 工業株30種28,494.20-19.80-0.07%
SPX:INDS&P 500種3,483.34-5.33-0.15%
CCMP:INDナスダック 総合指数11,713.87-54.86-0.47%
NYA:INDNYSE 総合指数13,137.25-5.91-0.05%
SPTSX:INDS&Pトロント総合指数16,501.03+45.63+0.28%
引用:Bloomberg 

いや~~~~大事件でしたね。

Fastly (NYSE:FSLY)が・・・

Vertex Pharmaceuticals (NASDAQ: VRTX)が・・・

この二銘柄が市場の話題を独占状態でした。

ファストリーは時間外取引ですでにかなり売られていたようですが、こんな感じに・・・

バーテックス・ファーマシューティカルズはこんな感じ

バーテックス・ファーマシューティカルズなんか長い歴史の中でも歴史に残る大事故となってます。

何が起こったのか・・・?

ファストリー

第3四半期の暫定収益を報告した後、急落しました。

犯人は最大の顧客であるTikTok。

第3四半期の売上高が7,350万ドルから7,550万ドルに減少し、7,000万ドルから7,100万ドルになると予想しています。

四半期末に向けて一部の顧客の使用量が予想を下回ったと報告しています。

経済が再開しはじめているのもあり、インターネット接続の需要がロックダウン時と比較して若干低下している可能性が考えられます。

Joshua Bixby:コメント

「現在の地球環境は、ある意味で私たちのビジネスを刺激しましたが、不確実な領域も生み出しました。

第3四半期の暫定結果は、使用量ベースのモデルの課題を反映していますが、Fastlyのビジネスの基本は信じています。当社のプラットフォームに対する需要と同様に、引き続き堅調です。」

TikTokの問題はまだ完全に解決したわけではありませんから、引き続き注視していく必要がありそうです。

バーテックス・ファーマシューティカルズ

VX-814の研究試験中、数人の患者が肝酵素の著しい上昇を示したため開発が中止されたと報告されています。

売りが売りを呼んだのか・・・

それとも大口が離れたのか・・・

いずれにしても約100億ドル以上失っていることになります。

気になるニュース

Square、無料のEC作成サービスを日本で提供開始

Square (NYSE: SQ) は無料でECサイトが構築できる「Square オンラインビジネス」を日本でも提供開始したと発表しました。

一律3.6%の決済手数料以外、初期費用、月額利用料、振込手数料は一切なしで利用できるそうです。

無料プランではSquareに関する広告などが表示されますが、有料プランでは広告の非表示やカスタムドメインが選択できます。

決済手数料を3.3%に減額した「プレミアム」プランも月額6800円で用意されています。

Shopifyやwix+paypalなどすでにコーディングの知識はゼロでもECサイトが作れるようになりましたね。

特にShopifyはAvalara (NYSE: AVLR) とも連携しており、税金の計算まで自動で行えます。

Avalara AvaTaxによる税務サービス

人工知能が仕事を奪うという人もいますが、こうしてみると、人間が創造に集中できる世界になっていっているように感じます。

【イスラエル発】米国上場銘柄3選 (サイト内記事)

クボタとNVIDIAがパートナーシップ

クボタは、GPSを活用し無人運転が可能なトラクタを発売するなど、自動運転農機の開発を進めていきました。

エヌビディアと連携することで今後さらに、天候や生育状況などのデータから適切な農作業を判断し実行できる完全無人農機の実現に取り組む方針です。

農業の自動化はすでにinaho株式会社から自動採取ロボットが話題となっていましたが、こちらもどんどん人の労働力は不要になっていっていますね。

海外でも農業ロボットのベンチャーは続々と立ち上がっています。

例えばAbundantRoboticsのりんごの自動収穫ロボットなど。。。

ライトニングラウンド

Cramer’s lightning round

本日も視聴者が気になる銘柄をJim Cramer (ジムクレイマー)に電話で相談するMod Money 内の人気企画、ライトニングラウンドで紹介された銘柄の株価と公式サイトをチェック&アーカイブしていきましょう。

これまで知らなかった銘柄や、米国の個人投資家がどんな銘柄に興味を持っているのかを見ることができるので、銘柄選定や企業を知る上で貴重な資料になっています!

Crown Castle (NYSE: CCI)

公式サイト

1994年設立。

ヒューストンに本拠を置き、電波塔や基地局、光ファイバー網など、通信インフラのリースを行う不動産投資・管理会社です。

“People are upset that this thing hasn’t just soared higher. I say, give it a little time. C’mon, these stocks have been great for a long time and [Elliott Management]’s in there, I’m saying buy it.”
“人々はこれが急上昇していないことに動揺している 私は、少し時間をかけてみてはどうかと言います。”この銘柄は長い間好調だったし エリオット・マネジメントがいるから 買いだと言ってるんだ”

CNBC : JIM CRAMER (ジムクレイマー)

SolarEdge Technologies (NASDAQ: SEDG)

公式サイト

【イスラエル発】米国上場銘柄3選 (サイト内記事)

“If you’ve taken off your initial investment and you’re playing with house’s money, no, you keep running it. All the solar stocks are going nuts, and what can I say, they’ve got a bunch of new ones, too. First Solar’s high. But people love solar. It’s gotten economic.”
“初期投資を外して、家のお金で遊んでいたら、いや、そのまま運用し続けるんだよ。ソーラー株はどこも暴騰してるし、何と言っても新規株も続々と出てきてるからな ファーストソーラーは高いよ。しかし、人々はソーラーを愛している。経済的になってきた”

CNBC : JIM CRAMER (ジムクレイマー)

Sunrun (NASDAQ: RUN)

公式サイト

2007年設立。

米国に本拠を置く住宅用太陽光発電のプロバイダーで、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置いています。

“It’s going higher. Blackstone, they offered the stock $61, $62. It’s going to be a buy. I hate recommending stocks because they’re hot. The sun’s hot. They’re hot. But they’re working.”
“もっと高くなっています。Blackstone、61ドル、62ドルと提示されたが、買いになるだろう 暑いからといって株を勧めるのは嫌いだ。太陽が熱い。暑いんだ。でも、うまくいっている。”

CNBC : JIM CRAMER (ジムクレイマー)

Nio (NYSE: NIO)

公式サイト

“Oh my god, Nio. OK, so Nio was down … it’s been a straight line up. Nio is the Tesla of China. I’ve been recommending Alibaba, that’s been my Chinese play. But I recognize Nio has been a hot one. I’m not going to stick my neck out, but I’m not going to fight you if you like Nio.”
OK、だからnioが落ちていた・・・一直線に上がっていた。nioは中国のテスラだ。アリババを推奨してきたのは、私の中国の遊びですからね。でも、nioが熱いのは認識しています。首を突っ張るつもりはないが…nioが好きなのであれば…争うつもりはない。”

CNBC : JIM CRAMER (ジムクレイマー)

memo

Nioは本当に人気なんですね。

検索したら日本でもかなり話題になっているみたいでした。

注意

・紹介銘柄への投資を推奨するものではありません。

・投資は自己責任です

・みなさんの参考になれば幸いです。

【未来の覇者?!】未来を創る4つの半導体銘柄
投資で成功するために守るべき4つの簡単なルール