【Matplotlib】34日目 Matplotlib で日本語を表示させるには?!

仕事の都合でどうしても使わなければいけない場合や、どうしても日本語表示しなければいけないプレゼンテーションで使う場合も出てくるかもしれません。

Matplotlib で日本語を表示させる

プログラミングの分野だと日本語を使う機会はそんなに多くないと思います。

しかし、仕事の都合でどうしても使わなければいけない場合や、どうしても日本語表示しなければいけないプレゼンテーションで使う場合も出てくるかもしれません。

そんなときは日本語パックがありますので、インストールして使いましょう。

ライブラリーのインストール記述

こちらを記述してインストールしてみましょう。

!pip install japanize-matplotlib

シフト+エンターでインストールが始まり、自動で完了します。

このような画面が現れましたか?!

インストールが成功していれば完了です。

次にインストールしたライブラリーを読み込みます。

import japanize_matplotlib

それで前回表示させたグラフを日本語表示させてみましょう。

x = [1,2,3,4,5]
y = [1,4,9,16,25]
plt.plot(x, y, marker='o')
plt.xlabel('yoko')
plt.ylabel('tate')
plt.annotate('こうたろうが買った場所', xy=(3, 9), xytext=(1, 15), fontsize=15, color='r',
             arrowprops=dict(color='r'))
plt.title('')
plt.show()

ばっちりですね。

Writer's profile

Kotaro
Kotaro
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在はKotaro Studioにて民族音楽に関する文化を研究。
「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに誰かがいつでも訪れ安心感が得られるサイトを模索中。