MACKIEブランドから、ワイヤレスヘッドホン「MC-50BT/60BT」発表

MACKIEブランドから、独自開発のノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホン「MC-50BT/60BT」が発表されました。

MACKIEについて

MACKIEの公式サイトはこちら

どこの国?

マーキーはアメリカのシアトルで1988年にGreg Clark Mackie氏によって設立されたプロ用オーディオメーカーです。

ポイントGreg Clark Mackie氏は元ボーイング社。

クラシック音楽やアコースティック音楽のジャンルの方には馴染みの薄いメーカーではありますが、ロックやポップ系のサウンドメイキングの人にとっては定番中の定番とも言えるアメリカロックサウンドの老舗ブランドです。

小型ライン ミキサー メーカーのTAPCOと聞くと聞き覚えのある方も多いかもしれません。

筆者もTAPCOは低価格で素晴らしい音だったので音大生時代に愛用していました。

サウンドの特徴

MACKIEサウンドの特徴は低域がヌメーーーっとしたドイツ車のようなニュアンスが感じられます。

しかし、決してジャーマンサウンドではないという点もポイント。

ドイツ車のへばりつくようなサウンドがありながらアメリカンなパンチ力をもったサウンドが特徴です。

こんな人におすすめ

MC-50BT/60BTは発売後に試聴レビューをお届けする予定です。

今の所やはりMC-50BT/60BTはMACKIEサウンドを生かしたサウンド創りになるのではないかと予想。

      
  1. ロックやポップが好きな方。
  2.   
  3. 音にパンチ力がほしい方。
  4.   
  5. オーディオブックが好きな方。
  6.   
  7. ヒップホップが好きな方。

オーディオブックは基本的には低域をしっかりと保ったマスタリングで提供することが多いため、MACKIEやBOSEなどと相性がいいことが多いです。

Bose「QuietComfort Earbuds II」レビュー〜ノイキャンが超進化!

一方でクラシック音楽がメインの方や、2000年以降に収録されたアコースティックジャズの視聴がメインの方は、Bowers & Wilkinsやゼンハイザーを選択するようにしてください。

イギリス名門ブランドBowers & Wilkinsの高級ワイヤレスヘッドホン

3年ぶりのモデルチェンジとなるMOMENTUM 4 Wireless

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜