※この記事は2020年6月29日に更新されました。

マイクロフォーサーズ用の中望遠レンズ。

フルサイズ換算で85㎜の焦点距離です。

筆者が非常に好きな距離感で、Nikon時代はNIKKOR 85mm f/1.8Gをほぼ付けっぱなしで愛用しておりました。

広角域も好きなのですが、単焦点での望遠は85㎜までが扱いやすいと思います。

どんなレンズ?

このレンズ、なんと、一部ではNOKTON キラーとも呼ばれています。

それもそのはず、その描写力を実際に体験しうなずけました。

NOKTONといえば、この焦点距離にVoightLander 単焦点レンズ NOKTON 42.5mm F0.95というレンズがあります。

こちらは、値段もかなりします。。。

NOKTONはこちら

↓↓↓

NOKTONの方は驚異のF0.95という恐ろしい明るさを誇るわけですが、価格差がすごい。。。

NOKTON 42.5mmは中古でもあまり出にくく、新品価格も平均的に9~10万程度となります。

一方で、LUMIX G 42.5mm F1.7 というと、マップカメラさんで新品28850円(2019年10月現在)!

NOKTONに比べると三分の一以下という破格値となっています。

この低価格さがマイクロフォーサーズレンズを使う最大の利点ということになります。

この価格帯でNOKTONキラーと言わせるほどなのかどうか?

まだNOKTONを使ったことがないので何とも言えませんが、時期を見て、NOKTONとの比較テストしてみたいと思います。

作例などのテスト

今後もし作例が増えればこちらにアップしていきたいと思います。

適当にパシャパシャ撮っただけですが、それでも解像力と、表現力は充分に感じられました。

適当に近くにあったキーボード:Panasonic GX7MK2
ここまで寄れるのでハーフマクロとしてもいい感じ: Panasonic GX7MK2
Panasonic GX7MK2
F1.7なので、相当明るいレンズです、これもマイクロフォーサーズの恩恵: Panasonic GX7MK2

ハーフマクロとしても

最短焦点距離 0.31m。

結構寄れます。

最初はマクロレンズを探していて、ずっとオリンパスの60㎜マクロを狙っていたのですが、フルサイズ換算だと120㎜となり、単焦点としては使い勝手が悪そう??と思ったのと、当機がここまで寄れるなら、充分かも?と思いこちらにしました。

今後必要に応じてマクロレンズは導入する可能性がありますが、しばらくは当機のハーフマクロで充分かも?です。

重さは130g

軽いです。

とにかく軽いです。

マイクロフォーサーズの恩恵を存分に味わえます。

筆者は基本的には、ロケ取材を前提として現在機材を揃えていますので、移動のしやすさ、重量に関しては非常にシビアに考えています。

例えば冒頭で出てきたNikonの85mm f/1.8G フルサイズレンズは350gですので、如何にマイクロフォーサーズレンズが軽いか。。。

今さらですが、実感します。

オススメな人

  • ポートレートが撮りたい人
  • 物撮りしたい人
  • 綺麗な花の写真が撮りたい人

におすすめ!

みなさんの参考になれば幸いです。