フリードリヒ・クンツェン (クーラウ関連人物)

Friedrich Ludwig Æmilius Kunzen

1761年9月24日– 1817年1月28日 (56歳没)

クンツェン

1761年9月24日リューベック生まれ。

父のアドルフ・カール・クンツェンはオルガニストで、祖父のヨハン・ポール・クンツェン(1696-1757)は1720年代にハンブルクオペラの代表的な作曲家の一人でした。

クンツェンは1781年からキールにて法律の勉強を始めますが、音楽への熱い想いを捨てきれず、1784年に作曲家:ヨハン・アブラハム・ピーターシュルツに励まされ、音楽を追求するためコペンハーゲンに移住します。

デンマークへの移住生活

クンツェンはコペンハーゲンへ移住後、法廷やクラブでピアニストとして仕事をしていました。

1788年、クンツェンは若い作家:イェンス・イマニュエル・バゲセンと出会い、2人は翌年共同制作のオペラ「ホルガー・ダンスケ」を発表。

加熱民族主義バゲセンとドイツ人との関係についての論争を描いたこのオペラは多くのの嘲笑を受け波紋を呼び、その影響でクンツェンは一時的にデンマークを去り、ベルリン移りました。

イェンス・イマニュエル・バゲセン

1764年2月15日-1826年10月3日(62歳没)。

デンマーク の詩人、脚本家、評論家、漫画家。

1794年には妻と共にプラハに引っ越し、オペラ監督として働いていました。

翌年、彼はコペンハーゲンのロイヤルオーケストラの音楽監督の地位を与えられ、彼はすぐに受け入れ、1795年に妻と一緒に愛するコペンハーゲンの街に戻ります。

晩年

1809年に彼は教授に任命され、1811年に彼はダネブログ騎士団の騎士として栄誉を与えられ、スウェーデン王立音楽アカデミーのメンバーに任命されました。

ポイント

クーラウがデンマークへ移住したのがちょうどこの頃だったわけです。

フリードリヒ・クーラウ (Kuhlau)

1817年1月28日、クンツェンは脳卒中を起こし、1806年にウィーンで起こったとされるオペラ:トリッレハーペンに関する盗作疑惑の裁判中に亡くなりました。

こうたろう

服部 洸太郎

フォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動を開始。
自身のピアノトリオで活動後単身ドイツ・ケルンへ渡独。
ケルンを拠点に活動するアーティストAchim Tangと共に「ピアノとコントラバスのためのソナタ」を制作。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入り。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加し、本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。