Jewish teaching

Jewish teaching

みなさんはユダヤ人と聞くとどんなイメージを持っていますか?

チャップリン?

アインシュタイン?

実はこの世界で偉大な功績を残してきた人物の中にはユダヤ人がとっても多いんです。

科学者はもちろん、音楽の世界でもクレーメルやハイフェッツ、バーンスタインやバレンボイムなどなど。。。

金融の世界ではもうピックアップするのが大変なほど多くのユダヤ人が活躍しています。

何を隠そう古くは2000年以上前、現代でも世界最大の宗教を創り上げたイエスキリストもユダヤ人でした。

では、ユダヤ人はなぜこんなにも優秀な人材を数多く輩出することができるのでしょうか?

その秘密が、教育にありました。ユダヤ民族は、これまで、様々な場所で迫害にあってきました。

そんな中で金塊は奪われても知識・知恵という財産は奪うことができないと考え、知識と知恵さえあれば、物理的などんなものを奪われてもまた財産を構築することができると教育されてきました。

その教えを体系化した資産の一つがタルムードという概念です。

タルムードとはなんなのでしょうか?

タルムードは今から1200年前に、紀元前500年から紀元後500年までの口伝を、当時2000人以上の賢人(ラビ)が集まって、10年の歳月を費やして編纂したものである。
わかりやすく言うと、2000人以上の賢人(ラビ)たちが、宗教、法律、哲学、道徳についてのさまざまな問題を論争したものを記録し整理したものである。

マーヴィン・トケイヤー:「ユダヤ商法」

優秀なユダヤ人が育つ背景を垣間見ることができます。

また、どれくらいの学習量になるのでしょうか?

同じくマーヴィン・トケイヤー氏の書籍で紹介されていましたので引用させていただきます。

以前、ある有名な大学の教授から、私のところに電話がかかってきた。
内容は、タルムードを研究したいので、一晩でいいから貸してくれないかということであった。
私はさっそくOKした。
そして、丁寧にご返事申し上げた。
「結構です。いつでもお貸ししますが、そのかわり、おいでになるときは、トラックに乗ってきてください」
タルムードは全部で20巻、1万2000ページにおよび、語数にして250万語以上、重量75キロという膨大なものだからである。一日一ページずつ一日も休まず読んでいっても、33年はかかるだろう。

マーヴィン・トケイヤー:「ユダヤ商法」

【タルムードとは!?】ユダヤ人の成功哲学

もちろんこれらすべてを隅々までマスターしているわけではないでしょうが、ユダヤ人は幼少期からその教育の中で度々タルムードの教えに触れながら育っていきます。

これから子育てを始める方、今まさに進路を決めようとしている方、人生を変えたい方、向上心のギアをシフトアップさせていきたい方、新しい分野に挑戦したい方、勉強を続けている方。

どんな方でもタルムードの中からあなただけの答えが見つかるかもしれません。

タルムードは人の数だけ答えがあります。

答えは一つではありません。

○○の時に○○しなさい。

といった内容は一切かかれていません。

軍隊式教育が未だに色濃く残る日本の教育現場では、すべての絶対的な答えは教師が持っており、教師から「答え」を教わります。

〇も×も△もすべての評価はたった一人の未熟な大人が下しているのです。

ユダヤ人は幼少期から答えは自分で見つけることを徹底されており、答えを強要されることはありません。

そんな教育環境で育ったユダヤ人だからこそ、優秀な功績を残すことができるのかもしれません。

タルムードを初めとしたその他ユダヤ人の教えの中から是非あなたの抱える問題を解決するヒント、あなたにとっての成功を成し遂げるためのヒントを導き出してみてください。

人生のヒントを見つけるタルムードの世界

きつねとブドウ園の話

ワインの正体とは?!適量はどのくらい?!

骨が引っかかったライオン (投資や交渉)

平等なビール

恋の強み (真実を受け入れる勇気)

希望とは生きること (どんなに悪いことが起こっても・・・)

賢人になるための7つの条件

心の準備~(なんのために○○するの?)

感謝の気持ち (シンプルです)

語るに落つ (知恵で悪人を誘導する)

動物の言い分

木のおびえ (オワコンの考え方)

本当の得 (悪人とは何か?)

魔法のリンゴ (あなたは親の介護ができますか?)

コラム記事

【タルムード流】よりよい人生を送るための7つのコツ

【ユダヤ式】人生における6つの真実

【あなたは真似できますか?】ユダヤ人のスパルタ幼児教育エピソード

ヨム・キプール についてもっと知るための5つのこと

【ユダヤ式人間関係の創り方】6つの名格言

【3つのタイプの愚か者】あなたはどのタイプ?!

【ユダヤ版三本の矢?!】ロスチャイルドは五本の矢!

【二兎を追う者は一兎をも得ず】だったら十兎追いかけて一網打尽にしよう

【敗北の日ペサーとは!?】過去を葬らない・失敗を忘れない

【ユダヤの格言】カリフラワーに住む虫は・・・

ユダヤ人がお墓まで持っていく本に関するおはなし

【レビュー】ユダヤ神話・呪術・神秘思想事典

【まずは本を読むこと】ユダヤ人はどれほど本を大切にしているのか?

【ユダヤ人の成功哲学】ユダヤに関するオススメ書籍9選

ユダヤ人が大切にするジョークの世界

【ユダヤのジョーク】悪行はバレてます。 [罪の重み]