【ユダヤ人の成功哲学】ユダヤに関するオススメ書籍9選

※この記事は2020年10月19日に更新されました。

なぜユダヤ人に成功者が多いのか?

疑問に思ったことはありませんか?

賢人が多いことで有名なユダヤ教を信仰するユダヤ人。

彼らはとにかく学び、学び続ける民族として長い歴史の中でその心と哲学に故郷を感じながら栄えてきました。

アメリカをピックアップするだけでもその驚異的な賢人力を垣間見ることができます。

ノーベル賞

ユダヤ人はアメリカ人口の2パーセント程度ですが、アメリカのノーベル賞受賞者の中でユダヤ人は4分の1。

世界の歴代ノーベル賞受賞者の約20パーセントは、ユダヤ人なのです。

芸能・芸術

芸能の世界でも風刺映画で世界的なコメディアンとなったチャールズ・チャップリンや、数々の名作を生み出してきたスティーブン・スピルバーグ、バイオリンで神童とも言われたギドン・クレーメルもユダヤ人、さらには世界をひっくり返した奇人・変人・天才であるアインシュタインもユダヤ人でした。

そんなユダヤ人を知ることで学びの姿勢や、生きるための人生哲学を知ることができるかもしれません。

本日はそんなユダヤ人の成功哲学を知ることのできる書籍を9冊を紹介します。

1、ユダヤの商法 / マーヴィン・トケイヤー

ポイント

タイトルが「ユダヤの商法」となっており、商売に関する本かと思いきや、商売方法に関する記述ではなく、もっと根底の部分を学べます。

翻訳もとても読みやすく文字も大きく小学校高学年くらいの漢字にはフリガナも打ってありますので子供から大人までユダヤ人になぜ賢人が多いのか?を垣間見ることができる内容になっています。

お子さんへの贈り物にも最適です。

memo

お値段が結構するだけあって、本自体の創りも大変豪華な構成になっています。

表紙だってこんな感じで装飾が施されています。

本を何より大切にするユダヤ人のラビが書いただけあって、一生ものの逸品となっています。

2、ユダヤ神話・呪術・神秘思想事典 / ジェフリー W デニス

ポイント

ユダヤ教に関する事柄や単語についてかなり詳しく書かれています。

本格的にユダヤ文化を知りたい方や、宗教学について専門に勉強している方向けの本になります。

ユダヤ教以外の一般的な単語も掲載されており、ユダヤ教視点で見た時の解釈が非常に楽しめます。

タルムードを考察する際も出てきた単語をこの時点で都度調べています。

memo

最初から最後まで読破するタイプの本ではありませんが、ふと気が付いた時にパラパラめくるだけでも面白い内容になっています。

3、ユダヤ五〇〇〇年の知恵 / M.ラビ・トケイヤー

ポイント

タルムード考察の際の元ネタとして参考・参照させていただています。

読者の自由な解釈を左右するような著者自身の解釈はほとんど入れずに自分で考える力を鍛えることができます。

類似の書籍

4、ユダヤの商法 / 藤田田

ポイント

これまでの3つはユダヤ人のラビが書いた書籍になりますが、こちらは日本マクドナルドの創業者として有名な実業家:藤田田氏が書いた書籍になります。

一時は絶版となり、オークションサイトなどで定価の数十倍の値で取引されていた幻の名著と言われる作品の新装版となっています。

memo

ユダヤ人として育っていない実業家の視点でユダヤ人を見ているので、少し尖った表現もあります。

どこかシャイロックを彷彿とさせる商人象を感じる面もあるかもしれません。

世界で戦ってきた藤田田さんならではのユニークなアプローチが魅力的です。

歴史

ここからは日ユ同祖論などを含めた歴史に関する書籍をピックアップします。

聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史

ユダヤ人の起源: 歴史はどのように創作されたのか

ユダヤ人の歴史

ユダヤ人はなぜ迫害されたか

あるユダヤ人の懺悔「日本人に謝りたい」

まとめ

気になる本は見つかりましたか?

先人たちに学ぶことで、遠回りせず最短距離で目標達成できることがあります。

知恵・知識・叡智を繋いでいけるのは地球上で唯一人間だけに許された特別なスキルです。

歴史や先人たちが伝えてきてくれた叡智を体得し豊かな人生を送りましょう!

今後も筆者のユダヤに関する読書数が増えていけば当記事も更新していく予定です。