【観光に便利】入国審査で使えるスペイン語フレーズ

スペイン語100日チャレンジ『note音声版』

noteにて投げ銭をお願いします。

『誰かのためにただここに在る』という当スタジオの基本コンセプトの元、このスペイン語講座がきっと誰かのためになると信じてすべて無料公開しております。
しかし製作費はどうしてもかかってしまいます。
もし『ためになったよ!』『助かったよ!』という方がいらっしゃいましたらnoteにてマガジンの購入という形でコーヒー一杯程度の投げ銭をご検討いただければ幸いです。
スペイン語はカタカナ読みで通じるため、日本人と非常に相性のいい言語だと言われています。
この講座では文法や理論は後回し・・・実生活の中で使いそうなフレーズを中心にピックアップしてお届け!
是非この機会に短期集中で「なんちゃってマスター」し、スペインやイスパノアメリカへの観光や短期滞在にご活用ください。
【注意】
★スペイン語の音声は南米アルゼンチン在住のネイティブスピーカー『Miel Melano』さんにお願いしました。
★イントネーションやフレーズの使い方などは南米特有のものもあります。

★日常会話をベースとし、ネイティブの監修で構成していますので学問的視点からの文法などに一部齟齬が生じることがあります。
★当サイトの100日チャレンジとnote版は一部構成が異なります。

スペイン語圏への旅行の際、入国審査では、基本的にはスペイン語で質問されます。

もちろん英語対応に切り替えてくれる場合がほとんどですが、英語に切り替えてもらって、お互いが母国語ではない状態でやり取りするよりも、日本人が得意なスペイン語でスムーズに通過した方が早いので、本日は入国審査で使えるスペイン語フレーズをピックアップしてお届けしたいと思います。

良く使う単語を最初に覚えてしまいましょう

【↓↓↓投げ銭して音声をダウンロードはこちら↓↓↓】

パスポート= pasaporte(パサポルテ)

観光= turismo (トゥリスモ)

訪問= Visita (ビスタ)

旅行・旅= Viaje (ビアへ)

滞在= Quedarse (ケダルセ)

ある期間= Por un tiempo (ポル・ウン・ティエンポ)

入国審査でよく聞かれるフレーズ

パスポートを見せてください

Muestreme su pareporte por favor. (ムエストレメ・ス・パサポルテ ・ポル・ファヴォル)

訪問の目的は何ですか

¿Cuál es el motivo de su visita? (クアル エス エル モティボ デ ス ビスィータ)

なぜこの国に来たのですか?

Para qué viniste ?? (パラ・ケ・ビニステ)

滞在期間を教えてください

¿Cuánto tiempo piensa quedarse? (クアント ティエンポ ピエンサ ケダルセ)

現地に友人はいますか?

¿Tienes amigos en 〇〇?(ティエネス・アミーゴス・エン・〇〇?)

宿泊施設の予約はありますか?

¿Ha reservado algún alojamiento?(ア・レゼルバート・アルグン・アロハミエント?)

どこに泊るのですか?

En donde vas a estar??
(エン・ドンデ・バス・ア・エスタール??)

答え方例文

観光です

Para turismo.(パラ トゥリスモ)

para pasear. (パラ・パセアール)

3日です

Tres días.(トレス ディアス)

スペイン語で数字を数えよう(サイト内記事)

ホテルを予約しています

Reservé un hotel. (レセルべ・ウン・ホテル)

この後、ホテルの名前や場所について質問があるかもしれませんので、ホテルの予約情報や印刷物があるなら準備しておきましょう。

スペイン語100日チャレンジ:30日目 [ホテルのチェックイン] 入り口は(玄関)は何時まで開いてますか?(サイト内記事)

ホテルの住所または名前は?

La dirección o el nombre del hotel ?
(ラ・ディレクシオン・オ・エル・ノンブレ・デル・オテル?)

まとめ

日本のパスポートは世界的にも信用が高いので、あまり長々と聞かれることは少ないかもしれません。

不安な方はこちらの記事で、目的地別指差し会話帳を準備していきましょう!

目的地別 【旅の指さし会話帳】スペイン語圏に旅行(サイト内記事)

R&Y Rental

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

タンゴの名曲の中から毎週一曲ピアノソロアレンジ版を高音質で配信中!

スペイン語の音声担当

Miel Melano

伝統芸術を尊重しつつ独特のクリエイティブ要素を加えた作品制作のスタイルを確立している作曲家。
多種多様なプロジェクトに参加するため、総合的なクリエイティブスキルを絶えず探求。
ジャンルを超えた多面的なパフォーマンスを得意としており、南米アルゼンチンブエノスアイレスを拠点とした音楽制作、演劇、芸術の総合プロジェクトの発信に携わっている。