※この記事は2020年4月20日に更新されました。

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

2020年、世界的パンデミックの事件を発端としたリモートワークの加速。

日本では3密に注意ということで、密集、密室、密接にはかなり神経質になっています。

いつまでライブ自粛が続くのか?

ライブハウスの営業はまだか?

閉店続出するライブハウスを横目に不安を感じている方。

大丈夫です。

この記事を読めば今すぐに副業を始めることができ、今後世界がリモートワークをベーシックに経済が回るようになっても、安定して続けていくことができます。

今後は3密を避ける働き方改革が必須となってきます。

【サイト作成】無料サイト&ブログはNG

ホームページ作成はまずどんなことよりも真っ先に始める必要があります。

しかし、Wix.com(無料版)や無料ブログなどでサイトを作成するのはおすすめできません。

→Wix.comの株価チェック

2016年あたりから株価はどんどん上昇していますね~!!

無料ブログがNGな3つの理由

、あなたがカスタマーになる。

無料ホームページ作成や無料ブログに登録した瞬間からあなたはその会社のコントロール下に入るのと同時に、お客様になります。

あなたのサイトに貼られた広告を自由にすることもできませんし、会社の基準で決められたコンプライアンスに触れるとサイトの削除にあったり、常に管理下に置かれている状態です。

、SEO対策で圧倒的に不利。

独自ドメインでの運営ができていないとSEO対策の時に圧倒的に不利になります。

SEO対策とはあなたの発信するコンテンツをGoogleの検索エンジンに見つけてもらうことでWEBマーケティングの基本中の基本になります。

また独自ドメインを取得することは、表現者であるあなたのブランディングを生涯にわたって高めていくことになります。

→【超簡単】WEB とは何か?!

3、マネタイズしにくい・・・

例えばサイトから収益を得る場合に大きな収益ポイントとしてGoogleアドセンス広告があります。

このアドセンス広告は無料のサイトやブログなどでは掲載できなかったり、そもそもアドセンス審査に通らなかったりします。

総じて無料のサイトやブログでサイト設計することは、あなた自身が顧客となっているためマネタイズすることは非常に困難です。

サーバーを契約して独自ドメインで運営するとまさにこのデメリットをすべて克服できるにゃ!

サイト作成!収益化の方法3つ

1、Googleの巨大システムアドセンス収入

Googleと言えば広告ビジネスが主な戦場になっており、世界のインターネットの広告シェアを間接的なものも合わせればほとんど牛耳っています。

YoutubeももちろんGoogleが買収し、アドセンスシステムで広告が掲載されています。

しかしYoutubeの収益化には様々なリスクが潜んでおり、今回の記事のように、起こりうるリスクを想定し、やはりサイトという基地を持っておくことはかなり重要になってきます。

サイトの記事に広告を貼って収益化することが可能です。

デメリットとしては、集客するのにかなり時間がかかり、収益までの忍耐が必要になってきます。

2、独自のコンテンツを販売する

ミュージシャンの方ならみなさん独自コンテンツをお持ちだと思います。

ブログ記事やサイト作成の際に、ほとんどの人がこの独自コンテンツの足りなさに悩みます。。。

そこをすでにクリアしているというのは、独自コンテンツのない人と圧倒的に差をつけられますので、サイトで発信しない理由は見当たりません。

圧倒的に有利な理由はここにあります。

→リモートワーク時代の音楽コンテンツの販売戦略【最強の方法はコレ!】

→100年前のシステムで働くミュージシャンたち~これから必要な5つのスキルとは!?

3、アフェリエイト収入

ブログ、サイト作成を始める最大のメリットとしてアフェリエイト収入を狙っていけることもポイント。

なんだか怪しいイメージを持っていませんか?

これは、一時期に流行った「秒速○○億円」系の印象のためだと思われます。

しかし、現在のアフェリエイト業界は、こういう怪しいものは一切なく、広告を掲載できる企業もアフェリエイト会社からかなり厳しい審査を受け、また、広告を貼る側の私たちも、かなり厳しい審査を潜り抜ける必要があります。

普通に普段使っていて、誰かにおすすめしたくなる商品ってありますよね?

専門機材ならなおさらです。

それらをライブハウスでおすすめしてお客さんが買ったとしても1円にもなりませんが、自分の基地(サイト)で紹介して、購入された場合は紹介料が入ります。

まずは怪しいイメージを捨てましょう。

例えば、報酬1万円の商品を20人の生徒に紹介すればそれだけで報酬は20万円になり、アドセンス収入に比べてすぐに収益化しやすい点はポイントと言えます。

さあ!始めましょう!【サイト作成までの流れ】

→基地となるサーバーの契約とドメインの取得

これがなければ始まりません。

ここを節約するという選択肢はまずありえないため、まずは契約しドメインを取得してしまいましょう。

ドメインは通常なら別枠で取得する必要があるのですが、エックスサーバーであればドメインとセットで契約できるため、めちゃくちゃオススメです。

筆者は別のサーバーもいくつか使っていましたが、エックスサーバーに換えてから使い勝手がもう別次元でした。

当サイトもkotarohattori.comはセットで取得したドメインで、更新料などもかからず、サーバーの更新料だけで済んでいます。

エックスサーバー

→ワードプレスをインストールしてサイト作成

ワードプレスは無料で使うことができます。

サイトの作成には他にもいろいろ方法がありますが、ワードプレスだど、プラグインの数も多いですし、サンプルデザインも豊富に用意されているため非常に便利!

→アフェリエイトサイト登録

登録後はお使いの商品やサービスなどを読者に紹介して収益化していきましょう。

まずはすぐに上記二つのサイトは登録してしまいましょう。

あとで・・・の癖がついてしまうと、収益もあとで・・・になっていってしまうにゃ!登録しなければ何も始まらないにゃ!

独自コンテンツの販売網を確認

どのプラットフォームで収益化するか?

販売するか?が重要になってきます。

YoutubeやSpotifyなどで主に広告収益を目指すのか?

それとも、アルバムのデータ販売など直接販売で収益化するのか?

決定しなければいけません。

主な販売方法一覧

1, Spotify
→基本的に広告収益になってきます。
Youtubeの音声のみ版と考えてもいいかもしれません。
広告収益になってきますので、爆発的な再生数が必要になり、大衆化していくためにはWEBマーケティングとしてかなりの仕掛けが必要になりハードルは高いですが、上手にマーケティングできれば、全世界を対象にできますので、可能性は無限大です。

2,Youtube
→こちらもSpotify同様広告収入が軸になります。
ただ、ユーザー数も近年爆発的に増えていますので、その他のプラットフォームへの誘導を経て独自コンテンツの販売も狙っていけます。
実際、広告収入は完全にオフにして、独自コンテンツへ誘導して収益化に成功しているミュージシャンもたくさんいます。

3,Vimeo
→Youtubeが無料で動画をアップできるのに対して、こちらは動画をアップするだけでもお金がかかってしまう、一見損したように見えますが、ブランディングしていくためには最適な方法の一つです。
Youtubeのサーバーになぜ無料でデータを保管できるのか?ここには様々なリスクが潜んでいますので、リスクをしっかり把握したうえで上手に利用しましょう。

→ミュージシャン必見!Youtubeに潜むわな・・・(準備中)

4,ガムロードなどのデータ販売や独自ECサイトの構築
こちらも非広告型の収益化モデルですが、ECサイトの構築や、支払い方法などのプログラミングには、ある程度のWEBプログラミングの知識が必要になってきます。
もちろん当サイトではすべて無料公開していますので、是非参考にしてみてください。

主な販売方法で発信する場合も避けては通れないのが、音声編集と動画編集になります。

本日の記事でまずは基地を作り、そこを軸に各プラットフォームにコンテンツを発信していき収益化していきましょう!

当サイトでは偏りがちな両者のスキルを中立的に学べますので、是非マスターしてみてください。

→リモートスタジオの構築(カテゴリー)