【逆説的賢者への道】賢い人が壊れる3つの要素とは!?

※この記事は2020年9月21日に更新されました。

賢い人になるためには日々勉強し続けるしかありません。

毎日少しずつ積み上げていくことしか方法はありませんが、積み上げてきたものを壊すことは非常に簡単です。

ビルと同じで建設は何か月も何年もかかりますが、解体するときは爆弾で一発ですよね。

そんな本日は投資の神様と言われるウォーレンバフェットが、パートナーのチャーリーマンガーから聴いたという賢い人が壊れる3つの要素を見ていきたいと思います。

1、酒

アルコールはやばいです。

かなりやばい薬物です。

医学的にかなり身体にダメージがあることは判明していますが、やはり習慣になっているとなかなかやめられません。

アルコールの最もやばい要素は「馬鹿になる」ということです。

精神安定剤として少量を服用し、頭の中のノイズを消し去るという使い方ができるかもしれませんが、頭の回転が遅くなることは間違いない事実でしょう。

たくさんの賢人がいるユダヤ人たちは決して深酒はしないそうです。

ユダヤ人の間ではアルコール中毒患者は極めて少ないことは有名です。

ただし「ピュリム祭」と呼ばれる日のみ酔うまで飲むとされています。

15世紀のバビロニアの高名なタルムード学者であったラバは、「モルデカイとハマイ、エステルとゼレンの区別がつかなくなるまで酔うべきだ」と説いている。
モルデカイはエステルの従兄弟であり、ゼレシはハマンの邪悪な妻である。
これは、「聖書」の「エステル記」に、美しいユダヤ人王妃のエステルが、酒宴の真っただ中に、夫のペルシア国王を説得して、ユダヤ人を虐殺しようとした宰相ハマンの邪計から、同胞を間一髪のところで救ったと述べられていることからきている。

マーヴィン・トケイヤー:ユダヤ商法

2、女 (異性)

さて、これは21世紀の現代においては非常に取り扱いの難しい単語でもありますから、異性という単語に変えて紹介したいと思います。

チャーリーマンガーは男性ですから、女という言葉を使ったのでしょう。

俗に言うハニートラップを初め、異性の持つ魔力によって賢人から愚人になった人はたくさんいます。

ドラマ:Dr.倫太郎に登場する主人公、日野倫太郎先生は言います。

恋愛とは、一過性の精神疾患のような状態です。
ですからつまり、理性を失う非常に危険なものが恋愛というわけです。
さらにホルモンバランスの話をします。
恋愛中、男性は男性ホルモンが、女性は女性ホルモンがそれぞれ増大します。
男性の場合、アグレッシブになり仕事も出来るようになりますが、優しさが減り、僕たちの仕事でいえば、患者さんの話を聞けなくなってしまう。
共感的に接することが難しくなってしまう。
そういうことも起こり得るのです。

ドラマ:Dr.倫太郎内セリフ

ここでとある掲示板で一時期話題になった美女のレンタルの話をシェアしておきたいと思います。

JPモルガンのCEOという回答者ですが、実際はジェームズ・ダイモンではないそうです。

書き込み内容:以下引用

【女性の書き込み】
正直に、はっきり聞きます。
私、年収4000万円以上の男性と結婚したいと思っているんです。
今、私は25歳で、見た目は結構可愛いと思っていて、スタイルももよく、センスもいいと思う。
欲張りとと思われるかもしれないけれど、ニューヨークでは年収が8000万円という男性もザラだし、妥当かなって。
それで、このフォーラムに来ている人で年収4000万円以上の人っていますか? 
それとも、みんな結婚しているんですか?
実際に年収2000万円の人とは付き合ったことがあるんですけど、それ以上の人と出会いたくって・・・。
私が憧れているNYガーデンってところで暮らすことを考えると、2000万円の収入じゃ少ないんです。
だから、少し聞きにくいんですけど、いくつか質問です。
1、リッチで学士を持ってる人っていうのは、どこで遊んだりしてるんですか(できれば、レストランの名前とか、具体的なバーやジムの住所を教えてください)?
2、どれぐらいの年齢の人を狙ったらいいですか?
3、どうしてお金持ちの奥さんって見た目がフツーな人が多いんですか? 何人か会ったことあるけど、はっきり言ってフツー以下の人もいる(笑)。なぜなんでしょうか?
4、ズバリ、お金持ちのみなさんは、どうやって結婚する女性を選ぶんですか?

コミュニティサイト(Craigslist):掲示板での女性の質問

【J.P.モルガンCEO(banker in NYCと名乗るユーザー)の回答】
大変興味深く読ませていただきました。
実際、あなたのように考える人は少なくないと思います。
私は年収4000万円以上。
あなたの希望に添っていますから、プロの投資家としてお答えさせていただきます。
要約すると、あなたは「美しさ」と「お金」を交換しようとしています。
すると、そこにはひとつ重大な問題が発生します。
私の収入は年々増えていきますが、あなたの言う「美しさ」は年々目減りしていくということです。
私は「魅力的な資産」ですが、あなたは「値下がりする資産」。
それも急激に下がっていくことは間違いないでしょう。
ウォール街では、どんな取引にも「短期保有」と言うものがあります。
売買するものの価値が落ちるとわかれば、私たちはすぐにそれを売ってしまいます。
「長期保有」することはないのです。
しかし、結婚とは「あなたを長期的に保有すること」なのです。
少し言い方が悪くなってしまうけど、あなたを資産として考えた時、「短期保有」のほうが賢い選択です。
もっと言えば、レンタルで十分。
保有する価値がありません。
年収4000万円を稼ぐ人はバカではないので、あなたとデートすることはあっても、結婚することはないでしょう。
さて、アドバイスするとしたら、お金持ちと結婚する方法を探すよりも、ご自身がお金持ちになってはいかがでしょうか? 
この答えが少しでもあなたの役に立てば幸いです。
そうそう、もしあなたが「レンタル」に興味があるなら、私にご連絡ください。

コミュニティサイト(Craigslist):J.P.モルガンCEO(banker in NYCと名乗るユーザー)

こういう昭和タイプの女性は現実にはまだまだいそうですが、女性も男性も同じことだと思います。

女性にとっては、若さ、男性にとっては、力強さなど、そもそも現代において価値自体が疑問であり、且つ仮に価値があったとしても下落確定資産を損切りもできずにに保有し続けるよりも、努力し勉強し、資産を構築していくほうが合理的で建設的且つ賢人であると言えるのではないでしょうか。

ポイント

掲示板の回答者がどのような人物かはわかりませんが、「女をレンタルする」という発想自体は非常にユダヤ人的発想であると思われます。

「タルムード」の中には売春婦を買う話もいくつか記されている。
~妻がセックスを拒み続けるようなときは、男が売春婦を買うのもやむを得ない。
マスターベーションよりは売春婦のところに行った方がよいと書かれている。

マーヴィン・トケイヤー:ユダヤ商法

この一連のエピソードには様々なポイントが含まれているようですので、男尊女卑思想を批判するのは簡単ですし、批判してそこでおしまいですが、是非それぞれの解釈で本質を探りだしてみてください。

3、レバレッジ

これはウォーレンバフェットの話では借金ということになっています。

インタビューでは、「3つのL」ということで、Liquor, ladies and leverage, となっています。

もちろん良い借金と悪い借金があります。

ここで言われているのは悪い借金のこと。

浪費という全くもって無駄な買い物をするために、カード分割で買ったり、リボ払いで買ったり。。。

もう最悪です。

まさに愚人の仲間入り。

まとめ

これらの3つのLは人間の欲が大きく絡んでくるためにコントロールを失いやすい要素です。

おそらく自身でコントロールができるのであれば手を出してもいいという意見もあるかもしれません。

しかし、酒はないに越したことはないですし、恋愛は一過性の精神疾患であることは誰もが感じていることだと思いますし、借金で浪費なんて論外。

これら3つのLはハニートラップをはじめ、社会(誰か)が人を壊すために使う常套手段でもあります。

おそらく賢人は手を出していませんが、この3つの要素にどっぷりはまり、コントロールを失っている、もしくは失いかけている方は、一度すべて断ち切って冷静に判断してみるのはいかがでしょうか。

逆説的に賢人になれるかもしれません。

【米国株銘柄】ジムクレイマー:ライトニングラウンド (9月21日)
【米国株銘柄】ジムクレイマー:ライトニングラウンド (9月22日)