Francisco Canaro (フランシスコ・カナロ)

1888年11月26日 – 1964年12月14日(76歳没)

ウルグアイ出身で主として隣国のアルゼンチンで活躍したタンゴのヴァイオリニスト・指揮者・作曲家です。

独学で習得

カナロはウルグアイのサン・ホセ・デ・マジョに生まれました。

幼い頃に、アルゼンチンのブエノスアイレスに移住します。

当時、実家の家計は苦しく、ギター・マンドリン・ヴァイオリン・ハモンドオルガン等の楽器をすべて独学で習得したと言われています。

1906年18歳の時にヴァイオリン、ギターそしてマンドリンとのトリオでデビューします。

1964年に亡くなるまで、タンゴ界の第一線で活躍してきました。

ポイント

「作曲した作品は700曲、録音したレコードは7000タイトル」と、自伝の中で語っています。

カナロが産まれたころのウルグアイ

1880年代にタンゴは誕生したと言われており、アルゼンチン~ブエノスアイレスのボカ地区が発祥という説と、ウルグアイのモンテビデオが発祥という説が混合しています。

当然どちらの地域も我らの地域から発祥したと主張します。

カナロが誕生したサン・ホセ・デ・マジョと、モンテビデオは約100kmほど。

幼いころにアルゼンチンに移住していますから、どちらが発祥だとしても、タンゴ誕生の歴史の風に立ち会った数少ないマエストロと言えるのではないでしょうか。

ちなみに近年も続くウルグアイの畜産業はこの頃発達したと言われています。

カナロが産まれた当時は軍事政権でした。

その後、1903年にホセ・バッジェ・イ・オルドーニェス大統領が就任すると、「南米のスイス」とも呼ばれる超福祉国家になっていきます。

21世紀のウルグアイの様子

カナロ楽団を堪能するにはこちらのアルバム
↓↓↓

カナロ楽団の黄金期が凝縮されています。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
スタジオでは「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに、誰がいつ訪れても安心感が得られる場所、サイトを模索中。