🌷🌷🌷2020å¹´1月8日リリース🌙🌙🌙

アルバムタイトルはフェステハンドと読みます。

乾杯〜〜〜っていうパーティナイトじゃなく、しっとりチビチビと飲むイメージの言葉なんです。

そんなフェステハンドは現地ブエノスアイレスで活躍する日本人タンゴピアニストの大長志野が一年以上に渡って編曲とリハーサルを入念に繰り返し行い、まさに伝説とも言えるタンゴ界の巨匠であるロベルト・アルバレスによる監修の元完成しました。

タンゴってどうしても派手なダンスと盛り上げる系のパーティをイメージしてしまいがちですが、実はちょっと陰湿でジメジメした側面もあるんです。

リズムはしっかり、でもジメジメした雰囲気で楽しみたい独特のタンゴの世界へ足を踏み入れてみませんか?

冬にコタツの中に足を突っ込んで、ちょっとぬるめの熱燗で大切な友人と染み染み語り合う。

そんなシーンにぴったりのフェステハンドは大手配信サイトから大好評配信中!

収録曲

1、Yuyo Verde(ジュジョベルデ)
2、Vida Mía(ビダミーア)
3、Comme il faut(コムイルフォー)
4、Pequeña(ペケーニャ)
5、Tierrita(ティエリータ)
6、Milonga de la humedad(ミロンガデラウメダッド)
7、Flores Negras(フローレスネグラス)
8、Boedo(ボエド)
9、Festejando(フェステハンド)