スペイン語チャレンジ92日目:アルゼンチンの気候事情「服装のポイントは?!」

スペイン語100日チャレンジ

語学学習100日チャレンジシリーズです。
100日でどこまで上達するでしょうか?
インターネットがベースの時代ですので、100日頑張れば日常生活を送れるようになるかもしれません。
一緒に頑張りましょう。
[注意]当ブログでのスペイン語は南米アルゼンチン仕込みですので、西欧スペイン語とは若干ニュアンスや使い方が違う場合があります。

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順

Macでスペイン語を入力する3つの手順

スペイン語 【おすすめ単語帳】

スペイン語を学ぶべき3つの理由 (サイト内記事)

アルゼンチンで心がけたい服装

基本的にアルゼンチン人の服装で特に「これが特徴!」ということはないかもしれません。

一般的な洋服スタイルですが、仕事の場合、出勤にスーツ姿の人はあまり見かけないですし、また女性もスーツのキャリアウーマン!もあまり見かけません。シャツにジャケットをさらりと羽織る感じです。

普段着も、男性の場合は、ジーンズにシャツ。

カラーパンツも多いです。

女性の場合もそれぞれに好きなスタイルで、楽しんでいます。

が、日本で流行りのユルいダボっとしたタイプのワンピースや、チュニック系の服はきてる人はあまり見かけないなーという印象です。

また女性の場合、レギンスを普通にズボンというイメージで活用しているので、短いトップスにレギンス姿で、お尻のラインもくっきり!だったりします。

アルゼンチンでタブーな服装は?

アルゼンチンでタブーとされている服装は、私の知る限りありません。

移民の国でもあり、色々な人種が入り混じっているので、服装の制限はなく、自由におもいおもいのスタイルが楽しめます。

外国人の私たちが心がけたいこと・・・

治安の良し悪しは別にして、犯罪に巻き込まれないように努力をするのも自分でできる事の一つではないでしょうか。

観光でおしゃれして街を歩きたい気持ちもありますが、アジア人の顔で、服装も目立ち、地元の人ではないという情報を無言で発信していると、カモになるかも!?

男性の場合、ズボンの後ろポケットに長財布を入れている、これはダメ!絶対!!です。

これは「お財布差し上げます。ご自由にどうぞ」と完全に言っています。

貴重品はウエストポーチや斜めがけバックに!(バックは体の前に!)

女性の場合、ヒール高い靴は基本的にやめましょう。

石畳の道路や、工事が途中の歩道や、意外なところに段差があったりするので、歩きやすい靴、疲れにくい靴で活動しましょう。

アルゼンチン季節ごとのおすすめ服装

アルゼンチンは四季が日本のようにありますが、日本とは逆です。

また国土が広いので、一言にアルゼンチンの「春」と言っても、行く場所によって気温・気候が違いますので、その際は目的地の天気予報・情報をよく調べてから出発しましょう。

この記事での情報は、主にブエノス・アイレスとその周辺で対応できる情報です。

春(9月、10月、11月)

9月平均気温 14.6度  10月平均気温 17.7度11月平均気温20.5度

とても過ごしやすい季節で、10月11月にはハカランダが咲き、街のあちこちが綺麗な紫に染まります。

気温の差が激しいので、夜などは肌寒く感じる時も多いです。

ハカランダは日本で言うと桜のような存在でハカランダが綺麗に咲くと春の訪れを色彩で感じることができます。

ハカランダの映像がありますのでチェックしてみてください。

また昼間の外でも、日陰では肌寒く、日向では暑く・・・と少し服装に困る季節でもあります。重ね着が可能なように、常に上着や、ストールをカバンに忍ばせて置くのが良いと思います。

夏(12月、1月、2月)

12月平均気温 23.2度  1月平均気温 24.8度2月平均気温23.4度。

平均気温をみると、あれ、あんまり暑くないやん!!

と思われるかもしれないですが、1月の半ばごろは非常に暑くなります。半袖でもかなり暑くなり、女性の露出度もアップ。
男性は、ランニング姿の人もたくさんいます。

女性はノースリーブに短パンの人もたくさん。

ブラジャーが普通に見えていても全然気にしていないので、見ている方が大丈夫かしら?

と思うくらいです。が、それで普通なので、びっくりしないでくださいね。

また女性の場合例えばこういうタイプのエスニックなワンピースや、ロングスカートも夏は割と見られます。

風通しの良い気安い服装で、気軽に過ごしている人が多いです。

こういうタイプのパンツも涼しく・おしゃれで大活躍です!

また、サングラスは、ぜひ活用しましょう!

日傘・つばの大きな日よけの帽子は使っている人は見たことはありません。

(日本人で日傘をさしている方を見かけたことはありますが、とても目立ちます)

日焼け止めは、敏感肌の方は、海外のものは肌に合わない場合もありますので、日本から持参した方が安心です。

秋(3月、4月、5月)

3月平均気温 21.8度  4月平均気温 17.8度5月平均気温14.6度。

3月に入ると、だいぶ過ごしやすくなってきます。

しかし、一年で一番雨の量が多い時期でもあるようです。2013年、私がブエノスアイレスで過ごした最初の4月にすごい大雨があり、近くの道路が水で埋まって川になっている映像があったのを覚えています。

実のところ、天気予報も外れることが多く、急に雨が降ったりもします。

いつ雨が降っても対応できるように、折り畳み傘をカバンに潜めておくと便利です。

冬(6月、7月、8月)

6月平均気温 11.8度  7月平均気温 11.0度8月平均気温12.9度。

冬です!

が、私の印象としては、日本のように底冷え!!の寒さはないように感じます。

ただ、体感温度は人それぞれでもあります。自分にあった防寒着を着用して、風を引かないようにしましょう。

折りたたんだり、国内移動もしやすいように、持ち運び便利な上着を持っていると便利です。

使い捨てカイロが売っていないので、寒さがどうしても苦手な方は、少し日本から持ってきてもいいかもしれません。

まとめ

基本的に、日本での普段の服をそのまま季節に合わせて活用できますし、着回し、重ね着がしやすいように、していれば問題ないと思います。

不足を感じたら、街の衣料品店で購入も可能です。

表記はイタリアサイズ

   
     
   
   
     
       

アルゼンチンでは基本的に服のサイズはイタリア表記となっています!!

     
   
 
 

アルゼンチンでは縫い方が甘かったり、すでにほつれている部分があることも多いので、洋服を購入の際は、よくチェックをしてください。

それでもいいか!!と妥協できる部分は、もちろんOK!

あ!!ちなみに、靴下は、以外に見つけるのが困難。

なので、日本から持っていった方が良いなぁと思うのが、個人的な意見です。

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。