スペイン語100日チャレンジ:86日目 生活を続ける上で必須のスペイン語【日本人には欠かせない?!「米」は手に入るの?!】

スペイン語100日チャレンジ

語学学習100日チャレンジシリーズです。
100日でどこまで上達するでしょうか?
インターネットがベースの時代ですので、100日頑張れば日常生活を送れるようになるかもしれません。
一緒に頑張りましょう。
[注意]当ブログでのスペイン語は南米アルゼンチン仕込みですので、西欧スペイン語とは若干ニュアンスや使い方が違う場合があります。

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順

Macでスペイン語を入力する3つの手順

スペイン語 【おすすめ単語帳】

スペイン語を学ぶべき3つの理由 (サイト内記事)

Desafío de aprender español 100 días !! : Día 86日目 【日本人には欠かせない?!「米」は手に入るの?!】

やはり、日本人だと白米が手に入るの?

どうなの?

と気になりますよね!

しかし、海外の白米は、日本でも一時期話題になっていました、なが細ーいものが多いのも確かです。

サラダの付け合わせにお米があったり、オカズの横にあったり、と言っても、やはり、パラパラの感触で食べることが多く、炊飯器もゲットしにくいので、小さいのを持って行くか、鍋でガスにかけて炊くことになります。

(確か日本食材店に炊飯器が売っていたはず)

日本から炊飯器を持って行く際は、変圧器もお忘れなく・・・!!

å

対応ワット数をしっかり確認してから購入してください!

  å

ご家族での移住や本格的な変圧器はこちらも!

 

arroz

アロス

白米

arroz blanco

アロス・ブランコ

日本食材・中華食材が売っている店に行くと、コシヒカリも売っています。

しかし、銘柄・種類は私の知る限りでは「コシヒカリ」のみです。

玄米

arroz integral

アロス・インテグラル

寿司用米

arroz para Sushi

アロス・パラ・スシ

アルゼンチンでは寿司用のお米と最初から商品名になっているものもあります。

寿司用米の商品ページ

カロリーが二倍の米

arroz doble caloría

アロス・ドブレ・カロリア

なんとも面白い名前ですが、少し通常のアルゼンチンの白米よりも丸見を帯びていて、太め。

つまり、二倍の米なんです。

私個人的には、コシヒカリを手に入れなくても、このドブレ・カロリアの米で、日本の白米のように近く炊けるのでは?

と思っています。

何れにしても、日本で美味しい、甘く、米によって風味が違う味わいに、慣れていたら、いくら「コシヒカリ」でも、どうも風味がありません。

もちろん他のメーカーの白米よりはふわっとなり、美味しいのですが・・・

なので、私自身は、ドブレ・カロリアをよく使っています。

キヌア

quinoa

キノア

米ではないですが、米がわりに食べている人も多く、私も時々そうしています。

炊く方法はご飯と似ていて、プチプチして、とても美味しい。

小さいのは、食べやすいですが、危険!

なんぼでも食べれそうです。

一度にたくさん茹でて(炊いて・・?)冷めても、チャーハンを作るかのように使うのが、私のお決まりコースです。

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。