スペイン語100日チャレンジ:60日目 お料理のシーンでよく使われる言葉

スペイン語100日チャレンジ

語学学習100日チャレンジシリーズです。
100日でどこまで上達するでしょうか?
インターネットがベースの時代ですので、100日頑張れば日常生活を送れるようになるかもしれません。
一緒に頑張りましょう。
[注意]当ブログでのスペイン語は南米アルゼンチン仕込みですので、西欧スペイン語とは若干ニュアンスや使い方が違う場合があります。

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順

Macでスペイン語を入力する3つの手順

スペイン語 【おすすめ単語帳】

スペイン語を学ぶべき3つの理由 (サイト内記事)

Desafío de aprender español 100 días !! : Día 60日目 [お料理のシーンでよく使われる言葉 ]

単語をたくさん見てきましたが、今日からはまた色々なシチュエーションに沿って、スペイン語で、表現していきましょう!今までに出てきた単語もたくさん使って行きたいと思います! 

今日は、「お料理のシーンでよく使われる言葉」編 

さぁ、料理を始めましょう!

Vamos a empezar a cocinar!

バモス・ア・エンペサール・ア・コシナール

準備する

preparar

プレパラール

〇〇を準備します。 

Vamos a preparar 〇〇 

バモス・ア・プレパラール・〇〇

1カップのお水

un baso de agua

ウン・バソ・デ・アグア

砂糖スプーン1杯

una cuchara de azucar

ウナ・クチャーラ・デ・アスーカル

ワイン少々

un poquito de vino

ウン・ポキート・デ・ビノ

切る

cortar

コルタール

野菜を切りましょう。

Cortamos las verduras.  

温める

calentar

カレンタール

これを少し温めます。

Vamos a calentar un poquito.

バモス・ア・カレンタール・エスト・ウン・ポキート

煮る

guisar

ギサール

弱火でゆっくり煮ましょう。

Vamos a guisar a fuego lento. 

バモス・ア・ギサール・ア・フエゴ・レント 

memo

アルゼンチンの郷土料理で、「ギソ Guiso」という煮物料理がありますが、この名前は、もうわかりますね!
このguisar からきています!

フライにする

hacer frito

アセール・フリト

フライにしましょう。

Vamos a hacer fritos. 

バモス・ア・アセール・フリトス

オーブンで焼く

al horno

アル・オルノ

オーブンで20分焼く。

20 minutos al horno. 

ベインテ・ミヌトス・アル・オルノ

蒸す

al vapor

アル・バポール

野菜が柔らかくなるまで蒸しましょう。

Hacemos al vapor hasta que se blanda las verduras. 

アセモス・アル・バポール・アスタ・ケ・セ・ブランダ・ラス・ベルドゥーラス

混ぜる

mezclar

メスクラール

そこにあるものを全部よく混ぜてください。

Mezcla bien todas las cosas que están ahi.  

メスクラ・ビエン・トダス・ラス・コサス・ケ・エスタん・アイ

待つ

esperar

エスペラール

5分間待ちましょう。

Esperamos 5 minutos. 

エスペラモス・シンコ・ミヌトス

洗う

lavar

ラバール

Me encanta lavar los platos. 

メ・エンカンタ・ラバール・ロス・プラトス

保管する(とっておく)

guardar

グアルダール

残ったものはタッパーにとっておきましょう。

Guardamos en el tapper lo que sobra. 

グアルダモス・エン・エル・タッパー・ロ・ケ・ソブラ

【その他】 

塩を少し加えてください。 

Un poquieto más de sal. 

ウン・ポキート・マス・デ・サル

お皿をとってきてください。 

Me traes los platos. 

メ・トラエス・ロス・プラトス

テーブルの準備をしましょう。

Preparamos la mesa. 

プレパラモス・ラ・メサ

全員で何人ですか?

Cuánto son en total? 

クアント・ソン・エン・トタル?

デザートはありますか?

Hay postre también? 

アイ・ポストレ・タンビエン?

お料理が得意でも、得意でなくても、スペイン語を使ってお料理したら、いつもと違う味のお料理ができているかも?!
そんなわけないですね。

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。