スペイン語100日チャレンジ:27日目 [カフェに行きたい] カフェラテを一つ、お願いします。

スペイン語100日チャレンジ

語学学習100日チャレンジシリーズです。
100日でどこまで上達するでしょうか?
インターネットがベースの時代ですので、100日頑張れば日常生活を送れるようになるかもしれません。
一緒に頑張りましょう。
[注意]当ブログでのスペイン語は南米アルゼンチン仕込みですので、西欧スペイン語とは若干ニュアンスや使い方が違う場合があります。

Macでスペイン語を入力する3つの手順

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順

【スペイン語の将来性 】スペイン語を話す人が増え続ける理由

Desafío de aprender español 100 días !! : Día 27「カフェに行きたい」

喫茶店的なカフェと、レジで注文してセルフでテーブルに持っていくところがありますが、本日は喫茶店方式でご紹介します。

大まかな流れとしては、レストランと同じ・・・

①ウェイターがテーブルまできてくれます。

何を注文しますか?(あなたが一人の時)

Qué vas a pedir ?

ケ・バス・ア・ぺディール?

(あなたがお友達といて複数の時)Qué van a pedir ? :ケ・バン・ア・ぺディール?

ポイント

ただし、ウェイターの尋ね方は人によって本当に様々です。

何を言ってるかわからないときは、スルーして、とにかく注文をしましょう。

②注文

③商品が運ばれてくる

④会計をする(テーブルで)

会計をお願いします!

La cuenta por favor

ラ・クエンタ・ポル・ファヴォール

コーヒー

Cafe

カフェ

例 : コーヒーを注文。

Pido un cafe.

ピド・ウン・カフェ

ポイント

普通cafe といえば、ブラックコーヒがきます。

砂糖は基本的にテーブルに置いていますが、追加で必要な時は「砂糖をください」azúcar por favor :アスーカル・ポルファヴォールと伝えましょう。

カフェラテ

Cafe con leche

カフェ・コン・レチェ

例:「カフェラテを一つ、お願いします。

Un café con leche por favor.

ウン・カフェ・コン・レチェ・ポル・ファヴォール

オレンジジュース

jugo de naranja

フゴ・デ・ナランハ

例:オレンジジュースが欲しいです。

Quiero un jugo de naranja

キエロ・ウン・フゴ・デ・ナランハ

ポイント

そのほかジュースの場合は、〜の部分に果物や野菜がきます「〜ジュース」

jugo de 〜 :フゴ・デ・〜

ミックスジュース

tutti frutti

トゥッティ・フルッティ

注意

お店によって書き方が違う場合もあります。

紅茶

クロワッサン

(アルゼンチンのカフェではつきもの!!といってよいくらい)

Media luna

メディア・ルナ

例:「クロワッサンとカフェラテください」

media luna y cafe con leche por favor

メディア・ルナ・イ・カフェ・コン・レチェ・ポル・ファヴォール

ポイント

メディアルナはフランスから入ってきたクロワッサンの文化が影響しています。

クロワッサンとの明確な違いは生地がミルフィーユ上にはなっていない点です。

ケーキ

torta

トルタ

例:「チョコケーキをください」

Una porción de choco torta por favor.

ウナ・ポルシオン・デ・チョコ・トルタ・ポル・ファヴォール

ポイント

ケーキは大きいホールがベースになっていることが多いので、「一切れ」という意味の Una porción :ウナ・ポルシオンと伝えるのがベスト。

しかし、言わなくても、基本的にはUn porción ??? と聞いてくれますので安心してください!

まとめ&豆知識

アルゼンチンでは、会計をテーブルでした後、チップは、テーブルの上に置いて帰って大丈夫です。

会計の約10%を目安に、以下でも以上でも、その時の所持金・小銭の感じ・サービスの満足度・などから置いておきましょう。

禁煙席 ・喫煙席

no fumar / fumar

ノー・フマール/ フマール

ポイント

基本的に明確な席の分け方はありませんが、タバコを吸う際は外に出て、もしくは庭などに出て吸いましょう。

ちなみに灰皿 はcenicero:セニセロと言います。

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。