スペイン語100日チャレンジ:21日目 [必需品&日用消耗品を覚える] 〜を交換してもらえますか?
スペイン語100日チャレンジ

インターネットがベースの時代ですので、100日頑張れば日常生活を送れるようになるかも?!
一緒に頑張りましょう。
【注意】
当ブログのスペイン語は南米アルゼンチンでのニュアンスが強く、参考音声もアルゼンチン人が収録しています。
西欧スペイン語とは若干ニュアンスや使い方が違う場合があります。

スペイン語100日チャレンジ:22日目 [今夜はちょっと飲みたい気分?] 一緒に飲みませんか?(サイト内記事)

目的地別 【旅の指さし会話帳】スペイン語圏に旅行(サイト内記事)

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

Macでスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

【観光に便利】入国審査で使えるスペイン語フレーズ(サイト内記事)

スペイン語 【おすすめ単語帳】(サイト内記事)

【スペイン語の将来性 】スペイン語を話す人が増え続ける理由(サイト内記事)

アルゼンチン【移住前に知っておきたい物価の話】(サイト内記事)

Desafío de aprender español 100 días !! : Día 21「必需品&日用消耗品を覚える」

スペイン語100日チャレンジ:54日目 日常生活でよく使う単語 25選【日用品・家庭用品編】(サイト内記事)

スペイン語100日チャレンジ:50日目 日常生活でよく使う動詞 25選【家庭編】(サイト内記事)

もう〜がありません。

Ya no hay más 〜

シャ・ノー・アイ・マス・〜

〜が空になりました

Se acabó 〜

セ・アカボ・〜

〜を交換してもらえますか?

Podría cambiar 〜?

ポドリア・カンビアール・〜

〜が足りません

Falta 〜

ファルタ・〜

トイレットペーパー

papel higiénico

パペル・イヒエニコ

トイレットペーパーがもうありません。

Ya no hay más el papel higiénico.

シャ・ノー・アイ・マス・エル・パペル・イヒエニコ

ティッシュペーパー

pañuelo de papel

パニュエロ・デ・パペル

ポイント

Pañuelo だけでもokですが、Peñueloはハンカチも意味します。

ティッシュペーパーが空になりました。

Se acabó el pañuelo de papal.

セ・アカボ・エル・パニュエロ・デ・パペル

キッチンペーパー

papel de cocina

パペル・デ・コシナ

石鹸

javon

ハボン

石鹸が足りません。

Falta el jabon.

ファルタ・エル・ハボン

洗剤

detergente

デテルヘンテ

シャンプー

champú

チャンプー

リンス

acondicionador

アコンディシオナドール

ドライヤー

secador de pelo

セカドール・デ・ペロ

ドライヤーを探しています。

Estoy buscando el secador del pelo.

エストイ・ブスカンド・エル・セカドール・デ・ペロ

タオル

toalla

トアシャ

タオルを交換してもらえますか?

Podría cambiar la toalla?

ポドリア・カンビアール・ラ・トアジャ?

まとめ

papelと言えば、ネットフリックスで大人気のスペインドラマ「casa de papel」が思い浮かびます。

スペイン語100日チャレンジ:22日目 [今夜はちょっと飲みたい気分?] 一緒に飲みませんか?(サイト内記事)

【徹底解説】ペーパーハウス キャスト シーズン4 (サイト内記事)

【徹底解説】&【大胆予想】ペーパーハウス どうなるシーズン5 (サイト内記事)

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。

スペイン語の音声担当

Miel Melano

伝統芸術を尊重しつつ独特のクリエイティブ要素を加えた作品制作のスタイルを確立している作曲家。
多種多様なプロジェクトに参加するため、総合的なクリエイティブスキルを絶えず探求。
ジャンルを超えた多面的なパフォーマンスを得意としており、南米アルゼンチンブエノスアイレスを拠点とした音楽制作、演劇、芸術の総合プロジェクトの発信に携わっている。

Writer's profile

服部洸太郎
服部洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在はKotaro Studioにて民族音楽に関する文化を研究。
「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに誰かがいつでも訪れ安心感が得られるサイトを模索中。