スペイン語100日チャレンジ:1日目 [基本の挨拶]

スペイン語100日チャレンジ

語学学習100日チャレンジシリーズです。

100日でどこまで上達するでしょうか?

インターネットがベースの時代ですので、100日頑張れば日常生活を送れるようになるかもしれません。

一緒に頑張りましょう。

[注意]当ブログでのスペイン語は南米アルゼンチン仕込みですので、西欧スペイン語とは若干ニュアンスや使い方が違う場合があります。

【スペイン語の将来性 】スペイン語を話す人が増え続ける理由

スペイン語を学ぶべき3つの理由 (サイト内記事)

スペイン語 【おすすめ単語帳】

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順

Macでスペイン語を入力する3つの手順

Desafío de aprender español 100 días !! : Día 1「基本の挨拶」

おはよう、こんにちわ、こんばんわ、もしもし。

Hola

オラ

など挨拶の最初にいつでも使える言葉。

おはようございます。

Buenos días

ブエノス・ディアス

こんにちは!

Buenas tardes

ブエナス・タルデス

こんばんわ(おやすみなさい)

Buenas noches

ブエナス・ノーチェス

また明日!

Hasta mañana

アスタ・マニャーニャ

まとめ

笑顔でhola!これで全部OKなところがスペイン語圏の良いところかもしれません。

こちらの記事では南米アルゼンチンの現地の男性の音声も掲載していますので、参考にしてみてください。

【挨拶】スペイン語で こんにちは さようなら (サイト内記事~音声データ付き)

スペイン語は日本人がそのままカタカナで発音すれば、自動的にネイティブクラスの発音になると言われています。

この記事を書いたスペイン語の先生

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。