スペイン語100日チャレンジ:1日目 [基本の挨拶]

スペイン語100日チャレンジ『note音声版』

noteにて投げ銭をお願いします。

『誰かのためにただここに在る』という当スタジオの基本コンセプトの元、このスペイン語講座がきっと誰かのためになると信じてすべて無料公開しております。
しかし製作費はどうしてもかかってしまいます。
もし『ためになったよ!』『助かったよ!』という方がいらっしゃいましたらnoteにてマガジンの購入という形でコーヒー一杯程度の投げ銭をご検討いただければ幸いです。
スペイン語はカタカナ読みで通じるため、日本人と非常に相性のいい言語だと言われています。
この講座では文法や理論は後回し・・・実生活の中で使いそうなフレーズを中心にピックアップしてお届け!
是非この機会に短期集中で「なんちゃってマスター」し、スペインやイスパノアメリカへの観光や短期滞在にご活用ください。
【注意】
★スペイン語の音声は南米アルゼンチン在住のネイティブスピーカー『Miel Melano』さんにお願いしました。
★イントネーションやフレーズの使い方などは南米特有のものもあります。

★日常会話をベースとし、ネイティブの監修で構成していますので学問的視点からの文法などに一部齟齬が生じることがあります。
★当サイトの100日チャレンジとnote版は一部構成が異なります。

スペイン語100日チャレンジ:2日目 [簡単な挨拶](サイト内記事)

目的地別 【旅の指さし会話帳】スペイン語圏に旅行(サイト内記事)

Windows 10 でスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

Macでスペイン語を入力する3つの手順(サイト内記事)

【観光に便利】入国審査で使えるスペイン語フレーズ(サイト内記事)

スペイン語 【おすすめ単語帳】(サイト内記事)

【スペイン語の将来性 】スペイン語を話す人が増え続ける理由(サイト内記事)

アルゼンチン【移住前に知っておきたい物価の話】(サイト内記事)

【ごめんなさい】スペイン語で4つのフレーズ(サイト内記事)

Día 1「基本の挨拶」

【投げ銭してダウンロードはこちら】

おはよう、こんにちわ、こんばんわ、もしもし。

Hola

オラ

など挨拶の最初にいつでも使える言葉。

おはようございます。

Buenos días

ブエノス・ディアス

こんにちは!

Buenas tardes

ブエナス・タルデス

こんばんわ(おやすみなさい)

Buenas noches

ブエナス・ノーチェス

また明日!

Hasta mañana

アスタ・マニャーニャ

まとめ

笑顔でhola!これで全部OKなところがスペイン語圏の良いところかもしれません。

【挨拶】スペイン語で こんにちは さようなら (サイト内記事~音声データ付き)

スペイン語は日本人がそのままカタカナで発音すれば、自動的にネイティブクラスの発音になると言われています。

なんとも日本人向けなラッキーな言語ですよね!

これから100日かけてスペイン語の勉強をがんばっていきましょう!

スペイン語100日チャレンジ:2日目 [簡単な挨拶](サイト内記事)

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。

スペイン語の音声担当

Miel Melano

伝統芸術を尊重しつつ独特のクリエイティブ要素を加えた作品制作のスタイルを確立している作曲家。
多種多様なプロジェクトに参加するため、総合的なクリエイティブスキルを絶えず探求。
ジャンルを超えた多面的なパフォーマンスを得意としており、南米アルゼンチンブエノスアイレスを拠点とした音楽制作、演劇、芸術の総合プロジェクトの発信に携わっている。