☆基礎おまとめパック

基本の挨拶

おはよう、こんにちわ、こんばんわ、もしもし。

Hola

オラ

など挨拶の最初にいつでも使える言葉。

おはようございます。

Buenos días

ブエノス・ディアス

こんにちは!

Buenas tardes

ブエナス・タルデス

こんばんわ(おやすみなさい)

Buenas noches

ブエナス・ノーチェス

また明日!

Hasta mañana

アスタ・マニャーニャ

自己紹介や初対面で使えるスペイン語

元気?

¿ Como estás ?

コモ・エスタス?

元気?

¿ Qué tal ?

ケ・タル?

元気?

¿ Como va ? 

コモ・バ?

元気?

¿ Como te va ? 

コモ・テ・バ?

調子どう?

¿ Como andas? 

コモ・アンダス ? 

はい!とても元気です!

Sí! muy bien! 

シー・ムイ・ビエン!

はい!とても元気です、今までで最高!

Sí! muy bien!! más que nunca !! 

シー・ムイ・ビエン・マス・ケ・ヌンカ

まぁまぁ かな。

mmm más o menos

ンーー・マソ メノス

少し調子悪いです。

Estoy un poco mal 

エストイ・ウン・ポコ・マル

今日は最悪の日です。

Hoy es peor día

オイ・エス・ペオール・ディア

あなたの名前は何ですか?

Como te llamas?

コモ・テ・ジャマス?

あなたの名前は何ですか?

Como es tu nombre ?

コモ・エス・トゥ・ノンブレ?

私は〇〇です。

Soy ○○(名前)

ソイ・○○(名前)

ポイントかなり丁寧に伝える時には、Mi nombre es 〇〇(ミ・ノンブレ・エス・〇〇)と言います。
普段ここまで丁寧に使うシーンはほとんどありませんが、例えば30日目に登場するホテルでのチェックインなどではMi nombre es 〇〇の方が自然なので覚えておきましょう。
Mi nombre es〜は映画やドキュメンタリーのナレーションなどでよく耳にします。

出身はどこですか?

De donde sos?

デ・ドンデ・ソス?

日本出身です。

Soy de Japon!

ソイ・デ・ハポン!

初めまして。よろしく!

Mucho gusto!

ムチョ・グスト

よろしく!

Un gusto!

ウン・グスト

どうぞよろしく!(男性の場合)

Encantado !

エンカンタード

どうぞよろしく!(女性の場合)

Encantada!

エンカンターダ

知り合えて嬉しいです。

Un gusto conocerte!

ウン・グスト・コノセールテ

はい。

シー

いいえ。

No

ノー

まぁまぁ。どちらとも言えない

más o menos

マソ メノス

オッケー!

Dale

ダレ

もちろん!

Por supuesto!

ポル・スプエスト

本当にありがとうございます!

muchas gracias!

ムチャス・グラシアス!

はい!!ありがとうございます!

Sí! gracias!

シー・グラシアス!

いいえ、結構です。

No gracias

ノー・グラシアス

わかりません。(理解できません)

No entiendo

ノー・エンティエンド

わかりません。(知りません)

No sé

ノー・セー

もう一度お願いできますか?

Otra vez por favor ?

オトラ・ベス・ポル・ファボール?

なんて?

Cómo?

コモ?(なんて言ったのですか?)えええ??!!

本当ですか?

De verdad?

デ・ベルダッ?

本当ですか?

En serio?

エンセリオ??

冗談ですか?

En chiste?

エン・チステ?

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。

スペイン語の音声担当

Miel Melano

伝統芸術を尊重しつつ独特のクリエイティブ要素を加えた作品制作のスタイルを確立している作曲家。
多種多様なプロジェクトに参加するため、総合的なクリエイティブスキルを絶えず探求。
ジャンルを超えた多面的なパフォーマンスを得意としており、南米アルゼンチンブエノスアイレスを拠点とした音楽制作、演劇、芸術の総合プロジェクトの発信に携わっている。

Writer's profile

服部洸太郎
服部洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在はKotaro Studioにて民族音楽に関する文化を研究。
「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに誰かがいつでも訪れ安心感が得られるサイトを模索中。