【3種類の無指向性マイク比較】AB方式で視聴

いつもKotaro Studioを応援してくださりありがとうございます。

今回はポッドキャストでもお届けしたAB方式でのマイクロフォン比較をお届け。

今回はプリモの無指向性マイクEM158のペアと、同じ秋月電子で購入できるシンガポール製のWM-61A相当品という、パナソニックの幻の名機WM-61Aの完全コピー素子の比較。

また、市販品としてローランドのバイノーラルマイクを同じ位置にて比較した音源を聴き比べてみてください。

icon image

では聴き比べスタート!

セッティング準備

今回はすべてほぼ同じ位置にして収録。

ローランドのマイクだけはプラグインパワーとなっていて、ZOOM F6では対応できないので、DR-05Xに登場してもらいました。

icon image

この組み合わせはこちらの記事を参考にしてください!

【無指向性の決定版を完全ガイド】”TASCAM DR-05X + バイノーラルマイク”

超高感度小型エレクトレットコンデンサーマイクロホン EM158

EM158は非常に上品な印象があります。

WM61Aと比較しても、とてもストレートなイメージ。

超高感度小型エレクトレットコンデンサーマイクロホン EM158(秋月電子)

エレクトレットコンデンサーマイクロホン(ECM) WM-61A相当品(秋月電子)

AB方式の間隔比較

ラジオで紹介していますAB方式の間隔を自在に変えられるシステムで音質比較をしておられる海外のエンジニアの方の映像です。

全体のセッティングまとめ

K&Mのマイクバーは一つあるとかなりセッティングに幅を持たせられるでおすすめです。

サウンドハウスで何か機材を買うときはこちらの三脚、マイクスタンド変換ネジと一緒に購入してください。

このネジはいくつあっても困りません。

【重要パーツ】サウンドハウスで機材を買う時に一緒に買っておきたい3つのアイテム

個人的には無指向性のペアマイクだけでもポッドキャスト収録としてはOKだと思いますが、環境音などを極力入れたくない場合は指向性または、超指向性タイプのマイクロフォンでピックアップしていくセットがおすすめ。

このラジオではAKG(アーカーゲー)のC5というコンデンサーマイクでピックアップしています。

AKG ( アーカーゲー ) / C5 コンデンサーマイク

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜