【タンゴ名曲100選 – 14 – 夜明け】Roberto Firpo作曲

タンゴのピアニスト、作曲家であったロベルト・フィルポからの一曲!

夜中の仕事から家へ帰宅途中の夜が空ける様子を見ながら書いたと言われています。

オーケストラバージョンでは、バイオリンが鳥のさえずりを表現しているのも特徴的です。

私たちの制作したバイオリン入りのバンドバージョンも合わせてお楽しみください。

Roberto Firpo : El amanecer

使用機材など

使用ピアノ : Native Instruments NOIRE
DAWソフト : Cubase 10 & Studio One
マスタリングソフト : SOUND FORGE Pro 14
使用プラグイン : Native Instruments[RC24, RC48, Solid EQ]
映像 : DaVinci Resolve

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。