無伴奏バイオリン&ジャズサックス音源 Tascam DR-22WL VER2-J

DR-22WL VER2-J 音質チェックです。

TASCAM ( タスカム ) / DR-22WL VER2-J リニアPCMレコーダー

音質チェック

こちらのテストでは筆者の音響の師匠:五島昭彦氏にテストしてもらっています。

すべて内蔵マイクは使用せず、外部マイクWM-61A素子を使って収録、マスタリング処理していますので当機種のマイクアンプやADC部分の音質チェックとなります。
      
  1. 本機+WM-61Aステレオペアによるワンポイント録音。
  2.   
  3. 150席程度の小規模ホール。
  4.   
  5. 背面がガラス張りのホール。
  6.   
  7. プラグイン等は使わずほぼ録って出し。

無伴奏バイオリンソロ

シャコンヌ

ジャズテナーサックス

ジャズスタンダート:枯葉

CFⅡフルコンサートグランドピアノ

こちらはカメラ友達の友人が撮影してくれましたので映像と一緒にお届け。

僭越ながら筆者が演奏しています。

もちろん無指向性マイクですから置く位置によってはかなり音質に差は出るかとは思いますが、本機のADCが如何に優秀であるかはお伝え出来たのではないでしょうか。

短期使用且つADCのみのレビューとなりますが、みなさんの参考になれば幸いです。

【Tascam】 レコーダー DR-60D MKII 音質チェック&レビュー(サイト内記事)

【Tascam】 DR-100MKIII 音質チェック(サイト内記事)

TASCAM DR-40X 内蔵マイク VS 外部マイク 音質チェック(サイト内記事)

TASCAM ( タスカム ) / SERIES 208i を購入レビュー(サイト内記事)

Writer's profile

服部洸太郎
服部洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
本格的に写真、映像技術を学ぶ。
現在はKotaro Studioにて民族音楽に関する文化を研究。
「誰かのためにただここに在る」をコンセプトに誰かがいつでも訪れ安心感が得られるサイトを模索中。