スペイン語で日付を表現する4つの手順

ポイント日付の表現ができれば、ブログの更新もできますし、予約はもちろん、スペイン語圏の友達と待ち合わせや、スケジュールの相談などもできます。
いくつかの手順とルールをマスターするだけで数字や曜日を組み合わせれば完成です。

手順1:月を覚える

月を覚えると、あとは数字を足していくだけで完成します。

1月  enero(エネロ)
2月  febrero(フェブレロ)
3月  marzo(マルソ)
4月  abril(アブリル)
5月  mayo(マヨ)
6月  junio(フニオ)
7月  julio(フリオ)
8月  agosto(アゴスト)
9月  septiembre(セプティエンブレ)
10月  octubre(オクトゥブレ)
11月  noviembre(ノビエンブレ)
12月  diciembre(ディシエンブレ)

手順2:順番を覚える

日本では
西暦(和暦)+ 月 + 日の順番で表現します。

スペイン語では
日+月+西暦の順番で表現します。

手順3:「de」を挟む

〇(日)de〇(月)de〇(西暦)

とすべての間にdeを入れましょう。

実践例

この記事を執筆した日付は2019年9月28日ですが、これをスペイン語に翻訳してみると?!

2019年9月28日
↓↓↓
28 de septiembre de 2019(2000+19)

となります。

読み方は
↓↓↓
ベインティオチョ ・ デ ・ セプティエンブレ ・ ドスミル(2000)+ ディエシヌエベ(19)

手順:4「不規則ルールを覚える」

そんな中、不規則ルールも存在します。

日本でも日付を表現するときは

8日→ようか
9日→ここのか
1日→ついたち

など、普段の数字で表現しない日が多々あります。

スペイン語にもありますが、日本語ほど数があるわけではなく、少しなのでしっかり覚えてしまいましょう。

ズバリ1日、2日、3日

1日は、uno(ウノ)とは読まずに、 プリメイロと読みます。

2日は、dos (ドス)と言わずに seugundo (セグンド)と言います。

3日は、tres (トレス)と言わずに tercero (テルセーロ)と言います。

例文
2019年9月1日の場合
↓↓↓
1 de septiembre de 2019(2000+19)
↓↓↓読み方↓↓↓
プリメイロ・デ ・ セプティエンブレ・デ ・ ドスミル(2000)+ ディエシヌエベ(19)

となります。

覚えてしまいましょう。

しかし、覚えられなくて、ううーーーーん。となった時は、

数字で ウノ!!と言っても問題なく、わかってもらえますので、安心してください。

まとめ

手順1:月を覚える
手順2:月の表現のみ文字
手順3:日と西暦は数字
手順4:日+月+西暦の順番
番外編:1日はプリメイロと読む

これだけでスペイン語の日付表現はばっちりです。

みなさんの参考になれば幸いです。

スペイン語の音声と監修

Miel Melano

伝統芸術を尊重しつつ独特のクリエイティブ要素を加えた作品制作のスタイルを確立している作曲家。
多種多様なプロジェクトに参加するため、総合的なクリエイティブスキルを絶えず探求。
ジャンルを超えた多面的なパフォーマンスを得意としており、南米アルゼンチンブエノスアイレスを拠点とした音楽制作、演劇、芸術の総合プロジェクトの発信に携わっている。

Shino
Shino
大長 志野
2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを結成して活動。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。
2021年より正式にアルゼンチンへ移住し、現地のタンゴシーンでタンゴピアニスト兼アレンジャーとして活躍。
Kotaro Studioにて写真撮影、録音技術 & 映像、音響編集技術講座を修了し2022年よりスタジオ内ブログにてカメラやマイクの初心者向けの記事の更新や動画のカラーグレーディングも担当。