スペイン語で日付を表現する4つの手順

※この記事は2020年3月6日に更新されました。

日付の表現ができれば、ブログの更新もできますし、予約はもちろん、スペイン語圏の友達と待ち合わせや、スケジュールの相談などもできます。

いくつかの手順とルールをマスターするだけで数字や曜日を組み合わせれば完成です。

手順1:月を覚える

月を覚えると、あとは数字を足していくだけで完成します。

1月  enero(エネロ)
2月  febrero(フェブレロ)
3月  marzo(マルソ)
4月  abril(アブリル)
5月  mayo(マヨ)
6月  junio(フニオ)
7月  julio(フリオ)
8月  agosto(アゴスト)
9月  septiembre(セプティエンブレ)
10月  octubre(オクトゥブレ)
11月  noviembre(ノビエンブレ)
12月  diciembre(ディシエンブレ)

覚えるのは大変ですが、繰り返し練習してしっかりマスターしましょう。

手順2:順番を覚える

日本では
西暦(和暦)+ 月 + 日の順番で表現します。

スペイン語では
日+月+西暦の順番で表現します。

手順3:「de」を挟む

〇(日)de〇(月)de〇(西暦)

とすべての間にdeを入れましょう。

実践例

この記事を執筆した日付は2019年9月28日ですが、これをスペイン語に翻訳してみると?!

2019年9月28日
↓↓↓
28 de septiembre de 2019(2000+19)

となります。

読み方は
↓↓↓
ベインティオチョ ・ デ ・ セプティエンブレ ・ ドスミル(2000)+ ディエシヌエベ(19)

手順:4「不規則ルールを覚える」

そんな中、不規則ルールも存在します。

日本でも日付を表現するときは

8日→ようか
9日→ここのか
1日→ついたち

など、普段の数字で表現しない日が多々あります。

スペイン語にもありますが、日本語ほど数があるわけではなく、少しなのでしっかり覚えてしまいましょう。

ズバリ1日、2日、3日

1日は、uno(ウノ)とは読まずに、 プリメイロと読みます。

2日は、dos (ドス)と言わずに seugundo (セグンド)と言います。

3日は、tres (トレス)と言わずに tercero (テルセーロ)と言います。

例文
2019年9月1日の場合
↓↓↓
1 de septiembre de 2019(2000+19)
↓↓↓読み方↓↓↓
プリメイロ・デ ・ セプティエンブレ・デ ・ ドスミル(2000)+ ディエシヌエベ(19)

となります。

覚えてしまいましょう。

しかし、覚えられなくて、ううーーーーん。となった時は、

数字で ウノ!!と言っても問題なく、わかってもらえますので、安心してください。

まとめ

手順1:月を覚える
手順2:月の表現のみ文字
手順3:日と西暦は数字
手順4:日+月+西暦の順番
番外編:1日はプリメイロと読む

これだけでスペイン語の日付表現はばっちりです。

みなさんの参考になれば幸いです。

スペイン語で数字を数えよう
実はこれもスペイン語!日本でもお馴染みのスペイン語