カテゴリーアーカイブ: Python

素数の判定処理は大きな数になればなるほど実行時間は遅くなります。

続きを読む

可視化の際もアノマリーチェックでの裁量トレードの分析でもcsvファイルの読み込みは至る所で必要になります。

続きを読む

トレール注文はFXやCFDでよく使われる方法で、常に逆指値(ストップオーダー)を置きながらトレンドに追随していく方法です。
裁量トレードでレバレッジ取引(ある程度のコントロールスキルが必須)を行う場合逆指値という命綱は必須になります。

続きを読む

MatplotlibはPNG, JPG形式でプロットするのに対し、PlotlyはHTMLに埋め込めるプロット機能が備わっています。

続きを読む

csvでダウンロードしてデータを参照することもできますが、investing.comのデータベースから直接取得して分析することもできます。
用途によって使い分けましょう。

続きを読む

移動平均線、MACD, RSI, を表示させてみます。
実際裁量トレードでもこのシンプルなテクニカルツールと損切りラインだけトレードした方が成績がいい時期もあったりします。

続きを読む

特別難しいことはありませんのでじっくり手順通りに進めていってください。
ちなみにTwitter API v1 のAPIとTokenでtweepyを使ってコードを組んでも「tweepy.errors.Forbidden: 403 Forbidden」が出てエラーになるため注意してください。

続きを読む

Kaggleに公開されているデータを借りて過去の暗号通貨の価格を取得します。

続きを読む

Quandlに登録すると金融や経済関連のデータを無料で取得できます。
一部有料だったり、法人向けの有料プランもありますが、ほとんどは無料で利用できAPIも対応しているので大変便利です。
Pythonの他にもRやRudyのライブラリも公開されています。

続きを読む

2000億円以上の予算がかけられた「みちびき」配備もわずか数万円で私たち誰もが平等にその叡智を手に入れられるようになりました。
本記事ではPythonを使ったGPS関連の環境構築を整理していきます。

続きを読む

20/20