【安全第一】機材運搬のためのカート特集

機材の運搬は安心安全第一。

しっかりしたカートを選ぶ必要があります。

足元をケチって大きな事故に繋がってケチった以上の損害が出てしまっては大変。

 

memo

ケースやカートにはしっかりと設備投資していきましょう。

ポイント

本日はしっかり荷物や機材を支えてくれる頑丈なカートをいくつかピックアップ!
現場では搬入時よりも撤収時のときにアクシデントが起きやすいです。
購入の際は搬入よりも撤収をイメージして選びましょう。

関連記事

【おすすめカメラケース】ハードケース編(サイト内記事)

【痒い所に手が届く】サウンドハウスで追加購入したいアイテム(サイト内記事)

【特集】自然界のロケで使える便利なアイテム5ジャンル(サイト内記事)

MAGNA CART

MAGNA CART ( マグナカート ) / FF 折りたたみ台車 耐荷重80kg

まずは定番中の超定番マグナカート。

マグナカートは楽器類や機材の運搬では定番ですが、やはりタイヤ性能が非常によく考えられていて振動が少ないというのが最大の特徴です。

スムーズに動くのはもちろん、やはりあまり丁寧に舗装されていない道を運搬するときに真価を発揮するでしょう。

タイヤ性能の良さは転倒防止にも大きく貢献してくれます。

ポイント

70cmx40cmという面積と最大80kgまで耐えられる積載量。
工夫次第でかなりの荷物を運搬できますね。
迷ったらとりあえずコレで大丈夫!

サウンドハウスさんでの購入はこちら

MAGNA CART ( マグナカート ) / FF 折りたたみ台車 耐荷重80kg

MC2 折りたたみキャリーカート

MC2 折りたたみキャリーカート 耐荷重90kg

ドラマーの定番といえばこのタイプでしょうか。

折り畳みでコンパクト設計なのに90kgまで積載可能というのはかなり大きなポイントになります。

このタイプの利点はなんといっても直接機材に滑り込ませて移動できますので、巨大なアンプやスピーカーの移動など女性の方でも難なく積み込めるのが特徴。

メインの移動にはもちろん現場での積み込み用サブカートとしても車に一つ忍ばせておくと大変便利です!

安全のため

安全のために必ずゴムバンドを併用しましょう!

サウンドハウスさんでの購入はこちら

MC2 折りたたみキャリーカート 耐荷重90kg
 

memo

注文の際何本かまとめ買いしておくのがおすすめです!

キャリーカート用バンジーコード

ULTIMATE / JS-KC90 キャリーカート

ULTIMATE ( アルティメイト ) / JS-KC90 キャリーカート

ある程度まとめて機材を運搬したい力持ちさんはこちら!

ポイント

こちらは最大136kgまで積載可能。
ドラムやパーカッション関係の機材もたくさん移動できます。

サウンドハウスさんで購入はこちら

ULTIMATE ( アルティメイト ) / JS-KC90 キャリーカート

少しお値段もお安くなる最大91kgモデルはこちら

ULTIMATE ( アルティメイト ) / JS-KC80 キャリーカート

耐荷重340kgの最強カート

Krane ( クレーン ) / AMG 750 キャリーカート 耐荷重340kg
ポイント

なんといっても340kg運搬可能。
これなら車から現場までフルセットで移動できるドラマーもたくさんいあるはず。
音楽関係だけではなく写真や映像関係の機材運搬も340kg移動できるとなれば一度に運べる現場も多いのではないでしょうか。
もちろんドラムやパーカッションだけではなく、吹奏楽団などの楽器をおまとめ運搬する際にも最適です!

 

memo

お値段もヘビー級ですが、運搬の労働コストを考慮すればお得なお値段になる方も多いのではないでしょうか。

サウンドハウスさんでの購入はこちら

Krane ( クレーン ) / AMG 750 キャリーカート 耐荷重340kg

ちなみに超重量級じゃなくても機材の運搬をする場合腰への負担はじわじわやってきます。

まだ若いから良いと思っているとあとあと後悔することになりますので重量級の運搬を担当する場合は特にサポーターやコルセットは必須アイテムとして用意しておくとGOOD!

 

memo

お値段は結構しますが最近だとマッスルスーツなんてのも登場しています!
近未来的ですよね!
頼れるテクノロジーにはとことん頼って安全で豊かな人生を満喫しましょう。

着る、筋肉。マッスルスーツEvery(エブリィ)

AMG 500 キャリーカート 耐荷重230kg

Krane ( クレーン ) / AMG 500 キャリーカート 耐荷重230kg
ポイント

これなら大きめのコンサートで設置される大きめの機材もなんなく移動することができますね!

サウンドハウスさんでの購入はこちら

Krane ( クレーン ) / AMG 500 キャリーカート 耐荷重230kg

キャスターボード

RRWED RR-UEDシリーズ用キャスターボード
ポイント

ラック取り付け用のネジが4本セットになっており、ラックケースの移動に最適と思いきや、意外といろんなシーンで活躍するのがこのキャスターボードタイプです。
現場で短距離移動の際にも役立ちますし、中距離移動の際もドラムセットなどはダルマ形式で上に積んでいる場合取って付の場合でもどうせ手で押さえておく必要があります。
ダルマ型に積む場合はこのキャスタータイプで機材を抱っこしながら運搬すると便利。
段差等に不利な場面は多々ありますので万能型ではありませんが、このタイプがしっかりとはまる現場では意外と大活躍なシーンが多い印象です。

サウンドハウスさんでの購入はこちら

RRWED RR-UEDシリーズ用キャスターボード SKB ( エスケービー ) / 3RR-RCB 3RR/3RSシリーズ用キャスターボード ODYSSEY ( オデッセイ ) / ADP30E キャスターボード

アウトドアワゴンもおすすめ

ポイント

楽器運搬にはあまりおすすめしませんが、小物類やその他の備品などのおまとめ運搬にアウトドア系のワゴンカートは大変便利です。
音楽収録の現場でも実際はケーブル類だけでこのカートいっぱいになったりする場面があります。
スタンド類など精密機械でなければ全部まとめてぶち込んで移動できるこういうタイプは最強!

実際に現場では速やかなセッティングよりも、速やかな撤収が求められることがほとんどです。

「入り」は実はあんまり意識せずとも安全に運べるケースが多いですが、問題になるのが「撤収」。

本番後というのもあり、気が緩んでいるのも一つですが、事故が起こりやすいのは撤収時です。

速やかに撤収できるかどうかというのはそのチームの能力値がそのまま反映されます。

こういうワゴンタイプのカートは精密機械とぶちこめる小物類を速やかに分別し、まずは「今借りているその現場」から速やかに立ち去るために大変重宝します。

 

memo

速やかな撤収はみんなが幸せになれます!
ホールやスタジオからも好印象を受けることが多いです!

まとめ

  • 足元(カート類)はケチらない!
  • 大は小を兼ねる!
  • 入りよりも撤収をイメージする!

みなさんの参考になれば幸いです!

この記事を書いた人

こうたろう

元ピアニストでフォトグラファー&サウンドデザイナー
ミュージシャンだった父の音楽スタジオと、モデルだった母の仕事場であるフォトスタジオの現像ルームが子供時代の遊び場という恵まれた環境で育つ。
音楽大学を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlとセッションを重ね声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ。
ドイツから帰国後ピアノソロ作品アルバムと共に同時リリース。
金田式電流伝送DC録音の第一人者である五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、サウンドデザイナーとしての活動を開始。
独立後、音楽プロデューサーとして音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックを中心としたアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
現在は元ピアニストの経験を生かしたミュージシャンのライブフォトを得意としながら、肖像写真、動物写真、自然写真を中心にミュージックビデオの制作などオーディオ技術も得意とするフォトグラファーとして活動中。