ブエノスアイレス 【バスの乗り方】

アルゼンチン~ブエノスアイレスに旅行の際、主な交通手段は以下の3つが考えられます。

主な交通手段

  • 地下鉄
  • バス
  • タクシー
  • レミース
  • ウーバー

レンタル自転車もあるのですが、手続きが少しややこしいので、ここでは除外します。

今日はその中の「バス」colectivo (コレクティーボ) の乗り方をご紹介したいと思います!

スペイン語100日チャレンジ:23日目 [交通機関の名前]

結論→【観光でバスは使わない方がいいです】

ブエノスアイレスでは、バスは至るところに路線が張り巡らされており、使いこなせるととても便利なのですが。。。

バスは番号で判断し、番号によって行き場所が違っております。

同じ番号でも、通る道が違ったり、最終目的地が違ったりします。

使いこなすまでには、少し時間がかかります。

長期滞在の方は、まずは近場で馴染みのところに行くところから練習してみた方がいいかもしれません。

短期滞在の方はより安全なレミースや、タクシーなどの方がおすすめです。

実際に現地の人でも、行先を運転手に尋ねたりと、全く把握できていないのが現状です。

Como llego の使い方

ちなみにブエノスの町の中でどの交通機関で移動すれば便利かと探すには、
このcomo llego (どうやって、着く?)のページが便利なのでご紹介しておきたいと思います。

出発地点と目的地の住所を入れると、
どのように行けば便利かいくつかの可能性を提示してくれます。

もしもの時のためにブックマークしおくといいかもしれません。

当サイトのブックマークもお忘れなく!!

バスに乗るときの準備

必要な持ち物は目的地の住所と、スーベ。

1、乗りたいバスが来る。
→バスに乗り込み、行き先を伝えると、運転手がスーべで払うべき金額を表示させてくれます。
(現在19ペソから22ペソ)約50円前後

Hasta 〇〇 (目的地)(アスタ・〇〇)

2、スーべを機械にかざして支払います。

スペイン語メモ

「〇〇まで行きますか?」Va hasta 〇〇? (バ・アスタ・〇〇?)

「〇〇を通りますか?」Pasa por 〇〇?(パサ・ポル・〇〇?)

降りる時

各バス停で止まってくれるわけえではないので、もうすぐ自分の降りるバス停が近づいて来たと思ったら、出口(後方2つのドア)に近づき、ボタンを鳴らします。

ボタンを鳴らすと、次止まると運転手はわかってくれて、止まってくれます。

注意

知らんぷりして走り続ける運転手もいるのですが、面倒になると嫌なので、抗議などせずに諦めましょう。。。
ほとんど、ちゃんと止まってくれます。

降りる時はスーべかざす必要はありません。

もし、自分の降りる場所がよくわからない場合は、運転手さんにタイミングを見計らって聴いてみましょう。

スペイン語メモ

「〇〇で降りないと行けないけれど、もう近いですか?」 Tengo que bajar en 〇〇, ya esta cerca? (テンゴ ケ バハール エン 〇〇、ジャ エスタ セルカ?)

まとめ

基本的に生活の拠点をブエノスアイレスに置く場合の移動手段となりますので、観光ではあまりおすすめできません。

しかし、やはりタクシーやレミースなどと比べても圧倒的に格安で移動できますので、節約旅の方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

くれぐれも周りを良く見て、スリなどには注意して安全で楽しい旅にしてくださいね。

みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

大長 志野

2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを組織。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。

癒しの周波数と言われる432hzで調整されたピアノ音源でタンゴピアノソロ作品を配信中。