【アルゼンチン 移民局】で観光ビザの延長をする方法!

アルゼンチンへ観光目的、または営利を目的としない活動などで90日以内の滞在目的で入国する場合、査証(ビザの取得)は必要ありません。
「でもそれ以上は更新できないの?」→ 「できます!」
アルゼンチンの移民局で観光ビザの延長の方法を明かします。

アルゼンチン移民局に行く

どこにあるの?

移民局はスペイン語で”Dirección Nacional De Migraciones” ディレクシオン・ナシオナル・デ・ミグラシオネスといいます。

住所は Av. Antártida Argentina 1355, C1104 CABA

【注意!】
近くまで行った時に、住所となる通りを見つけたので1355番を目指して行ったら、それらしき建物がなく、近くの警備員の方に聞いたら、2ブロックも過ぎていました。実際には、AV.Antrrátida Argentina 1000番台を目指して行ってください。

いつ開いているの?

平日月曜日〜金曜日

8:00〜13:30

一番を狙って勢いよく8時に行っても、時すでに遅し。行列ができています。早い人が何時から並んでいるかわかりませんが、8時に行っても人がたくさん!と言うことは覚悟しておきましょう。

その辺りの治安は?

移民局はレティーロ地区というところにあり、一般的に治安が悪いと言われています。

ですので、一人の場合は、ゆっくり立ち止まって携帯電話で地図を探したり、写真をとったりしないようにしましょう。二人以上であっても、なるべく携帯は見ずに、黙々と目的地に向かってください。

大きな道路を渡らないといけないのですが、横断歩道も少なく、歩行者も少ないので、本当に大丈夫か?と思う時もあるかもしれませんが、移民局の周りには、警備員も配置されているので、少し安心です。

地図はプリントアウトして持っておくか、携帯で確認するとしてもすぐに出せるようにしておきましょう。(どこだったかなーなどと探している時間がないように・・・)

観光ビザ延長の手順

パスポートの90日の期限に注意

90日の観光ビザ期限が切れる10日前から受け付けてもらえますので、日程を越してしまわないように、チェックして予定をたてて移民局にいきましょう。

また、この手続きは一年に1度しか行えません。

移民局に着いたら・・・

移民局に着いたら、まず長い列ができているのでそこに並びます。

(写真は筆者が撮りましたが、治安が悪い地域ということもあり、なるべくさっと出してすぐ収納できるように、撮りました。(移民局ということで、心配はないと思ってはいるものの、念のために用心です。)

自分の来局の目的を伝えると、その目的別に入り口・並ぶ場所を指定してくれます。

「ビザの延長に来ました!」
Vengo para renovar la visa turista. ベンゴ・パラ・レノバール・ラ・ビザ・トゥリスタ
vengo para la prorrogacion de la visa. ベンゴ・パラ・ラ・プロロガシオン・デ・ラ・ビザ

アルゼンチンへの入国日をチェックするため、パスポートの提示を要求され、提示すると、

「オッケ。ここから中に入って、中の人に同じことを伝えて。」

と入場許可が降りる。

建物の入り口で

入場を管理している係員がいるので、その人に来局理由を今一度伝える。

「ビザの延長に来ました」というスペイン語は、この敷地内で何回と使うので、覚えておくと便利です。

係員の人から中に入って良いと許可が出ると、中へ。

中に入ると、また係員が立たずんでおり、「あそこの受付へ。」と指差しで誘導される。

受付1

案内された受付カウンターで、来局目的を伝える!

パスポートの情報などを係が入力し、

「座って待っていて。呼ぶから。」と待たされる。

待つこと10分。

名前が呼ばれ、「もうできたのか!」と喜んで駆けつけたところ、受付番号を書いたレシートが手渡され、

「はい、できました!これがあなたの番号、Dセクターで呼ばれるのを待ってください」

Dセクターへ。

受付2

Dセクターに行くと、人がかなり待っていて、労働ビザ、そのほかのビザ申請のためにたくさんの人が集まっていました。各手続きに時間がかかるのか、呼ばれる番号のスピードは非常に遅く、私が着いた時には9番を読んでいましたが、17番の私が呼ばれたのは、待つことおよそ1時間半してからでした。

また、番号はブースの向こうの受付の人が、地声で(マイクなし)で呼ぶので、注意しておかないと聞き逃す可能性あり。

手続き開始

      
  1. パスポートと受付番号札を渡す
  2.   
  3. ビザの延長に来ました!と伝える
  4.   
  5. 住所(滞在地)、メールアドレス、電話番号を書くよう紙を渡され
  6.   
  7. 手続き料の支払い
  8.   
  9. 写真・指紋を取られる
  10.   
  11. 待機

となります。

④の手続き料は2022年1月で4.000ペソ。料金はこの受付とは別の「caja」(カハ)と書かれたキャッシュコーナで行いますが、受付の方が場所を指差しで教えてくれます。
また、アルゼンチンの手続き料などは、頻繁に値段変更がありますので(値上がる)事前に最新の料金を調べられることをお勧めします。また現金のみでの支払いになります。

おまけ:観光ビザを延長する他の方法

移民局で延長をするほかに、一度海外にでて、またアルゼンチに入国をする、という方法でビザの更新をすることもできます。アルゼンチンのお隣のウルグアイには船で高速船で1時間半で行けるので、ちょっとした観光にもいいかも!

ウルグアイのコロニアという地区は世界遺産にも指定された場所で、歴史的な建築物も残っています。ブエノスアイレスとはまた全然違う雰囲気が楽しめますよ♪

Shino
Shino
大長 志野
2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを結成して活動。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。
2021年より正式にアルゼンチンへ移住し、現地のタンゴシーンでタンゴピアニスト兼アレンジャーとして活躍。
Kotaro Studioにて写真撮影、録音技術 & 映像、音響編集技術講座を修了し2022年よりスタジオ内ブログにてカメラやマイクの初心者向けの記事の更新や動画のカラーグレーディングも担当。