アルゼンチンの公立病院を利用したい。

この記事についてアルゼンチンでは公立病院の場合、アルゼンチン国民でも、外国人でも、旅行者でも、無料で診察が受けれます!
ただし、病院の様子など事前にすこーしでも知っておいた方がなんだか安心ですよね。
今日はとある公立病院を参考にアルゼンチンの病院事情についてご紹介。

公立病院へ行く際の持ち物

アルゼンチンの身分証明書(DNI) をお持ちの方は、それを。

それを持ってない場合は、パスポートで大丈夫です。

コピーではなく、原本を持参しましょう。

身分証明書さえあれば、受診ができますので、そのほかに必須なものはありません。
受診内容によっては、検尿を持参、タオルを持参、などの指示があるかもしれません。

病院に着いたら

受診受付【ラボラトーリオ】の場所を探す

特別に医師と事前に連絡を取ったりしていない場合や初診の場合は、直接「受診受付」Laboratorio (ラボラトーリオ)に向かいましょう。

今回私が行った病院は、玄関と、受診受付のカウンターが、建物の端と端くらい離れていたので、初めて行って自力で探すのはおそらく不可能だと思いました。

玄関にも、案内カウンターのようなところがあるので、そこで、ラボラトーリオがどこが聞くのが一番早いと思います。

Dónde está laboratorio?
ドンデ・エスタ・ラボラトーリオ?
ラボラトーリオはどこですか??

メラニー先生のスペイン語聞き流し学習(スタジオコンテンツ)

この日、ラボラトーリオは朝の7:30から開くはずが、開いたのは8時頃。

(しかし、7:30にはもう行列ができて20名ほどは待っていました。)

公立病院は、順番を予約することができませんので、先着順です。

ラボラトーリオ入館待ち。右手奥の建物です。

自分の番がきたら

自分の番が回ってきたら、身分証明書を提出する。

初診の場合は、その旨を伝えましょう。

Vengo por primera vez.
ベンゴ・ポル・プリメーラ・ベス
始めてきました。

私はこの日は、血液検査をしに行ったので、その旨を伝えます。

Tengo que sacar el sangre.
テンゴ・ケ・サカール・エル・サングレ
採血をしなければいけません。

個人情報を入力してくれて、そこからレシートのようなものを発行してくれます。

そこに、いつ採血の結果を取りに来たらいいのか日付も書いていますので、捨てないようにしましょう。それが引換券のようなものです。(今回は、結果受け取りは二週間後の期日になっていました。)

本当にあった怖い話この日、検尿を持ってきていた人も多かったのですが、持参された検尿がこの受付のデスクにどんどんと積み上げられていくではありませんか。受付のお姉さんは一人で、預かった検尿に受付で発行した名前のシールを置いていく。しかし、ある時、お姉さんの表情が硬くなっている。よく見ると、一つの検尿のケースに名前がない!!焦って周りを探すお姉さん。しばらく探して、ようやく一つ剥がれたネームを見つけた様子で、何事もなかったかのように、無名の検尿の上に乗せていました。本当にあってるのかな・・・
本当にあった怖い話2この日、検尿を持ってきていた人の中で、ある女性が腰を引き気味に検尿ケースを入れたビニールを受付にかざした。なんと、ケースからぽとぽとと彼女の尿が漏れていた。受付の人もびっくり。デスクも、尿の雫でぽたぽた・・・不衛生が垣間見えるひとときでした。

採血をするとき

自分の名前が呼ばれたら(苗字)採血の小部屋へ。

看護師さん一人が黙々と採血をしています。

この病院の場合、右手を台の上に置く指定が事前にされており、右手を出して待つ。

止血用のゴムは、ゴム手袋。

ゴム手袋を私の腕にぐるぐるっと巻いて、採血準備でした。

その後各自の診察ルートは別々になります。

廊下で待つ様子。学校の廊下のような印象。

公立病院のメリット、デメリット

メリット

      
  1. 無料で受診できる
  2.   
  3. 予約なしで直接いける
  4.   
  5. パスポートで受診できる

デメリット

      
  1. 待ち時間が予測できない
  2.   
  3. 予約できない
  4.   
  5. ほとんどスペイン語しか通じない。
  6.   
  7. 全体的に少々不衛生
スペイン語に少し自信がない場合は、誰か堪能な方に同行してもらうのが安心ではあります。
が、待ち時間が予測できないことから、後に時間を指定した予定を入れず、半日かかり程度の余裕を持っていかれることをお勧めします。

Shino
Shino
大長 志野
2011年より南米アルゼンチン・ブエノスアイレスで生活。
現地のタンゴシーンで数々の作品に携わり、作品をリリース。
ブエノスアイレスではタンゴ楽団Barrio Shinoを結成して活動。
2018年には同バンドにてアルゼンチンタンゴの巨匠:ロベルト・アルバレスをゲストに迎えた「Festejando」をリリース。
2021年より正式にアルゼンチンへ移住し、現地のタンゴシーンでタンゴピアニスト兼アレンジャーとして活躍。
Kotaro Studioにて写真撮影、録音技術 & 映像、音響編集技術講座を修了し2022年よりスタジオ内ブログにてカメラやマイクの初心者向けの記事の更新や動画のカラーグレーディングも担当。