新世代DAC「AK4490R」と「AK4493S」の発表

本日の記事気になるニュースということで、主にオーディオやカメラ関係の気になるニュースをピックアップしていくコーナーです。
本日はオーディオファンからは長年愛され続けてきた旭化成エレクトロニクスのVELVET SOUND ブランドシリーズから新しいDACが発表されてのでピンしておきます。

AK4490R

最大768kHzまでのPCMに加え、DSD 11.2MHzの入力をサポートしています。

6種類の32bit デジタルフィルターを内蔵。

PCM/DSDの自動切り替え機能も搭載しています。

AK4493S

新開発の歪低減技術により業界最高水準の低歪特性を実現し、新規搭載OSR-Doublerの技術により、広い信号帯域・低帯域外ノイズ特性と低消費電力を両立しました。

こちらも6種類の32bit デジタルフィルターを内蔵。

最大768kHzのPCM。

DSD 22.4MHzに対応。

PCM/DSD自動切り替え機能も備えます。

ポイントSN比は123dB(2Vrms)

DSDノーマル時代?

近年DAC面に関しては中国系のハードの性能向上により、特にオーディオにこだわりのない視聴者でも192khzを超えるハイレゾ再生やDSD音源の再生が当たり前になってきました。

例えばこちらなどは一万円そこそこでPCMで384kHzまで対応し、DSD再生も可能にしています。

こちらのDACはES9038Q2Mが採用されています。

こちらは同メーカーでも旭化成のAK4493が搭載されており、PCMで768khzをサポートしています。

AK4493Sが搭載された機種ももうすぐ登場するでしょうから今は待った方がよさそうですね!

BurrBrown

他にも有名なチップメーカーといえばBurrBrownがあります。

Tascam DA 3000 にはBurrBrownのチップがDAC(PCM1795) / ADC(PCM4202)搭載されています。

TASCAM ( タスカム ) / DA-3000 マスターレコーダー/ADDAコンバーター

ちなみにこのDA3000は筆者の師匠であるタイムマシンレコードの五島昭彦氏曰く、かなり良い音(DAC部)だそうで、確か2台か3台購入されてました。
とはいえ、五島氏が使用しているアンプ類は金田式のものなので、私たちが市販品を使って五島氏の言う良い音を再現可能かどうかはわかりません。
ちなみにコンバーター自体は金田式ADCを使用しているため何に使うのか?という質問をしたところ、デジタル入出力部のみを使用しているとのことでした。(BNC SDIF-3入出力)
筆者もかなり悩んだのですが、DA3000はマイクアンプが非搭載なんですね。
かなり純粋なADDAコンバーターまさにマスターレコーダーとなるため、関連機器の選択に神経を使いそうなので筆者は見送りました。

まとめ

DSD 11.2MHzが日常的に使われるようになればオーディオコンテンツ制作もまた変わってくるかもしれません。

タイムマシンレコードではすでにDSDでの記録はデフォルト化しているそうです。

筆者は自作するほどのオーディオマニアではありませんが、オーディオコンテンツを取り扱うスタジオとしてはこれらチップの動向や、DSDでの制作もしっかり意識しておかないとすぐに時代に取り残されてしまいそうです。

現状Spotify等の大手配信サービスではそこまでの音質サポートはまだ視野にも入っていない状態だとは思いますが、5G以上の通信速度や、データサーバーの拡大などが今後進めば大手配信サイトやラジオでさえハイレゾ、DSDクオリティーの配信が日常化するかもしれません。

icon image

こちらの記事もいかがですか?
オーディオやマイクロフォンに関する役立つ情報をお届けしています!

NEUMANN KM 184の音源多数!KM184の音を徹底特集!

【NEUMANN KM 184】各マイク位置でのピアノ音源テストや比較なども!

当スタジオの音響最高顧問”五島昭彦氏”の録音作品紹介ページ。
音源ごとに使用機材やマイクロフォンを記載していますので是非参考にしてみてください。

金田式DC録音:五島昭彦氏の録音作品リスト

コスパ最強!当スタジオではLEWITTのマイクロフォン激推し中です!

【保存版】LEWITTっていいマイクですか? 大口径マイクシリーズの選び方

このセット・・・凄いです・・・

【無指向性の決定版を完全ガイド】”Tascam DR-05X + バイノーラルマイク”

金田式DCアンプは聞いたことのあるオーディオファンは多いでしょう。
こちらは金田式DCマイク。
市販されているものではないので、かなりのオーディオマニア向けですが、興味のある方はご覧ください。

【金田式DCマイク】 ショップス MK2, DPA2006カプセルでテストレポート:マイクに対する考え方

位相変換が必須のため、中級者以降向けの記事ですが、おすすめの無指向性マイク!

【コスパ最高】 COUNTRYMAN ( カントリーマン ) / B3 を無指向性ペアマイクとして試してみて!

当スタジオ一番人気の記事はこちら!

天才になるには・・・ 実はとても簡単でした。

Kotaro
Kotaro
服部 洸太郎
音大を卒業後ピアニストとして活動。
自身のピアノトリオで活動後北欧スウェーデンにてシンガーアーティストLindha Kallerdahlと声帯とピアノによる即興哲学を研究。
その後ドイツへ渡りケルンにてAchim Tangと共に作品制作。
帰国後、金田式電流伝送DC録音の名手:五島昭彦氏のスタジオ「タイムマシンレコード」にアシスタントとして弟子入りし、録音エンジニアとしての活動開始。
独立後、音楽レーベル「芸術工房Pinocoa(現在はKotaro Studioに統合)」を立ち上げ、タンゴやクラシックなどのアコースティック音楽作品を多数プロデュース。
その後、秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」でサウンドデザイナー兼音響担当として映像制作チームに参加。
村上宏治氏の元で本格的に写真、映像技術を学ぶ。
祖父母の在宅介護をきっかけにプログラムの世界に興味を持ち、介護で使えるプログラムをM5Stackを使って自作。
株式会社 ジオセンスの代表取締役社長:小林一英氏よりプログラムを学ぶ。
現在はKotaro Studioにてアルゼンチンタンゴをはじめとした民族音楽に関する文化の研究、ピアノ音響、さらに432hz周波数を使った癒しのサウンドを研究中。
2022年9月より豊かな暮らしをテーマとしたウェブサイト『レンタルdeクラセル』も発信中〜