投資で成功するために守るべき4つの簡単なルール

※この記事は2020年10月16日に更新されました。

投資で成功するとはどういうことでしょうか?

いくら稼いだら成功になるというのでしょう。

もしかするとゴールのない概念が投資という存在なのかもしれません。

世の中は常に変化し、移り変わります。

それらを日々更新し、毎日新しい変化を受け入れて更新していく。

あのウォーレンバフェットでさえ毎日新しい学びの中で生きているのかもしれません。

「学ぶことを辞めない人≒成功した投資家」だと言えるのかもしれません。

本日は成功した投資家になるべく筆者が取り入れている4つのルールをシェアしたいと思います。

1、分散投資する

世の中は常に変化の連続です。

世の中の流れが変わった際に素早く次の行動に移らなければいけません。

一極集中投資をしていると、世の中に変化が起こり、戦略を変更する際に大きな痛手を負うことに繋がります。

「Don’t put all your eggs in one basket(すべての卵を一つのカゴに盛るな)」は有名な投資の格言となっています。

金の卵を手に入れたら一つの籠が落ちてもダメージを最小限に食い止められるように必ず複数の籠に分けておきましょう。

2、長期投資を軸にする

短期投資よりも長期投資のパフォーマンスが上回ることは一般的によく知られていることです。

要するに、金持ちになるのに近道はないのだ。
少なくとも私は、近道はしてこなかったし、みなさんもそんなことは期待すべきではない。

ジムクレイマー

投資を初めてテクニカル分析などを覚えたばかりの頃は、「毎日数パーセント利益が取れればこれでいいんじゃない?!」と思ってしまうと思います。

しかしそれは大きな間違いであったと筆者は個人的に感じます。

そして多くの著名投資家や先人たちが短期投資は投機はパフォーマンスが低く、リスクが高いと結論付けています。

これらを肝に命じるためには自身でそのパフォーマンスの悪さとリスクの高さを身をもって経験するしかないことかもしれません。

一つ間違いない事実として言えることは短期投資や短期的な投機は多くの時間を失うということです。

月曜~金曜まで画面とにらめっこしているとあなたの時間はマーケットに吸い取られていき、運が悪ければお金まで吸い取られていき、まさに馬車馬と人参状態で生活することになります。

もちろんマーケットの動きでいくつかの気づきを得ることはできるかもしれませんが、読書をして学びを増やしたり、人生を豊かにするためのスキルを身に着けたりする時間がなくなってしまいます。

時間という大切な財産をロスするだけでも短期投資や短期的投機は大きな損失と言えるかもしれません。

【映画:Time を完全再現】時間=資産を脳にインプットする方法 (サイト内記事)

デイトレーダーは、ある株式を10ドルで買って11ドルで売り、翌週に24ドルで買い戻して25ドルで売り、さらに一週間後に39ドルで買って40ドルで売る、といった取引をしたときに、成功したと思うらしい。
30ドル値上がりした株を売買したのに3ドルの利益しか得ていない、ということに気付かない人は、これ以上、本書を読むべきではないだろう。

ハワードマークス:投資で一番大切な20の教え

3、成長する株に投資する(ペニー株は触らない)

ミレニアル世代やZ世代は特にペニー株は魅力的に見えるかもしれません。

ミレニアル世代

1981年以降に生まれ、2000年以降に成人を迎えた世代のこと。

日本だと20代前半から30代後半くらいの年齢の人々を指します。

Z世代

概ね1990年代中盤以降に生まれた世代のことを指します。

2ドルの株が倍の4ドルになるのは500ドルの株が1000ドルになるよりも早いかもしれません。

しかし、どうじに2ドルの株が1ドルになるのも早いですし、0になる可能性は500ドルの株よりも高いです。

大きなリスクを背負える世代だからこそできることではありますが、ギャンブルはその存在そのものがリスクであるということを忘れないようにしましょう。

4、投資を辞めない

「大きな損を出してしまった・・・もう二度と投資なんてしない・・・やっぱり危険なことだったんだ」と思う方も投資は辞めないことが投資で成功する一番のポイントです。

投資を辞めて資産を現金化した瞬間からあなたの資産は確実にその価値が減っていきます。

誰しも投資で失敗したら辞めたくなります。

しかし、その失敗はあなたにとってバイブル級の教科書になるわけです。

誰でも必ず間違うことがある。
もし失敗したことが一度もないなどという投資のプロに出会ったら気をつけた方がいい。
そういう輩は「じっくり長者」を目指す投資家には百害あって一利なしだ。

引用:ジム・クレイマーの“ローリスク”株式必勝講座

すべてを完璧にこなすことは不可能だ。過ちは不可避だ。この事実を認識し受け入れることが重要だ。
過ちは犯すたびに何かを教えてくれる。
だから学びに終わりはない。
「それは容易じゃない」とか「公平には思えない」、さらには「それはできない」といった言い訳には何の価値もないこと、やり遂げれば報われることがやがてわかるだろう。

レイダリオ : PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則

失敗しないということは、限界まで頑張っていないということだ。

レイダリオ : PRINCIPLES(プリンシプルズ) 人生と仕事の原則

大きく失敗したら学ぶチャンスだと考えましょう。

せっかくチャンスを手に入れたのにそこで終わりにしたらあまりにも勿体ないと思いませんか?

少なくともこの資本主義社会というゲームのルール上「r(資本収益率)>g(経済成長率)」が基本ルールだと言われています。

もしも共産主義国に亡命する予定がないのであれば何があっても諦めずにコンテニューです。

【米国株備忘録】+ライトニングラウンド (10月16日)
【米国株備忘録】ファストリーが止まらない+遠隔医療の勢力図 (10月17日)