【酒飲み必見!?】米国上場3つのアルコール銘柄

本日は酒飲み必見?!

米国市場で買えるアルコール銘柄をピックアップしてご紹介したいと思います。

酒飲みなら馴染みの銘柄があるかもしれません。

【しっかり学ぶ人限定オススメ本】投資をするなら必ずゲットしたい7冊の本 (サイト内記事)

Diageo PLC (NYSE: DEO)

株価チェック (執筆時点:157.66ドル)

公式サイト

ディアジオ(英: Diageo plc)は、ギネス社とグランドメトロポリタン社の合併により、1997年12月17日設立のイギリスの酒造企業です。

本社所在地はロンドンで、ロンドン証券取引所、ユーロネクスト・ダブリン、ニューヨーク証券取引所に上場しています。

memo

LSE: DGE、ISEQ: GUI、NYSE: DEO

ディアジオは世界最大の飲料会社の1つで、時価総額は1,000億ドル近くになります。

ポイント

コアブランドには、ジョニーウォーカー、スミノフ、キャプテンモルガン、ベイリーズ、タンカレー、ギネス、クラウンロイヤル、ケテルワンなどがあります。

ディアジオは、コロナウイルスパンデミックの影響もあり、2020年度純売上高は8%減少しました。

新興市場としては、アフリカ、ラテンアメリカとカリブ海、およびアジア太平洋地域は、企業収益の40%近くを占めています。

世界経済が正常に戻ると、これらの市場は再び高い成長率に戻ることが期待されています。

2020年の配当は2019年の配当から約3.5%増加し、Diageo株は配当利回りと成長の両方を期待できる銘柄となっています。

執筆時点での配当利回りは2.25%となっています。

Constellation Brands (NYSE: STZ)

株価チェック (執筆時点:204.70ドル)

公式サイト

1945年設立。(フォーチュン500企業)

ビール、ワイン、スピリッツのアメリカの生産者および販売業者です。

医療用および娯楽用大麻にも投資しています。

【米国株】私がマリファナ株を全売却した理由

【米国株銘柄】一か八かのマリファナ株8つ

ニューヨーク州ビクターを拠点とし、約40の施設と約9,000人の従業員がいます。

ビールブランドとしてはコロナ、ワインブランドとしてロバートモンダヴィ、クロデュボワなどが有名です。

ポイント

他にもスヴェドカ、カサノーブル、ハイウェストなどのリキュールブランドを含む100以上のブランドを持つ多様な企業です。

コンステレーション・ブランズは、マリファナ業界に投資もし、カナダのマリファナ企業CanopyGrowth(NASDAQ:CGC)に40億ドルを投資、40%近くの所有権を取得しています。

CanopyGrowth 株価チェック (執筆時点:26.87ドル)

執筆時点で1.47%の配当となっています。

Brown-Forman (NYSE: BF.B)

株価チェック (執筆時点:81.15ドル)

公式サイト

1870年設立。

ケンタッキー州ルイビルを拠点とし、ジャックダニエル、アーリータイムズ、オールドフォレスター、ウッドフォードリザーブ、グレンドロナック、ベンリアック、グレングラスアフ、フィンランディア、エラドゥーラ、コーベル、シャンボールなど、世界中でも有名なブランドをいくつか製造しています。

コアブランドであるジャックダニエルのおかげで、長い成長の歴史があります。

ブラウンフォーマンは、25年以上連続して配当を引き上げており、全体としては過去76年間配当を支払ってきました。

ブラウンフォーマンはテキーラでも力強い成長を見せており、テキーラポートフォリオ全体では16%の成長を遂げています。

執筆時点で0.88%の配当となっています。

まとめ

他にもマッドマネーに度々登場しているボストンビール。

Boston Beer (NYSE: SAM)

株価チェック (執筆時点:903.38ドル)

公式サイト

10月のライトニングラウンドで登場したMGP Ingredientsなどがあります。

【米国株備忘録】+ ついに実生活にビットコインが!?(10月22日)

MGP Ingredients (NASDAQ: MGPI)

株価チェック (執筆時点:44.26ドル)

公式サイト

ソバーキュリアスなどが流行し世界的にも健康リスクからアルコールの消費量は少なくなっては来ていますが、非常に歴史の長いドリンクです。

適量であれば友人と楽しいひと時を過ごすことができます。

ちなみにこちらでユダヤ人にとってのワインの正体と適量を記事にしていますので興味のある方は見てみてください。

【タルムード】ワインの正体とは?!適量はどのくらい?!

気になる銘柄は見つかりましたか?

注意

・紹介銘柄への投資を推奨するものではありません。
・投資は自己責任です
・みなさんの参考になれば幸いです。