【スタジオレポ】432hz フルートデュオ企画のリハ音源公開

この記事はAmazonをはじめとした各種広告を含みます。

本日はCuranz Soundsの企画。

432hzの器楽曲リハーサルを行いました。

icon image

愛と調和の周波数〜432hz音楽作品はCuranz Soundsへ!

最大の焦点になるのが、432hzで安定するのかどうか。

結果、さすがはベテランのフルート奏者。

432hzでばっちり安定化しています。

収録方法については前回の記事の通り。

リハのサンプル

今回は432hzヒーリングBGMというテーマですので、しっかりクリック的に演奏するのか?

それともテンポルバートで流れるようにするのかについてなど、方向性を合わせる必要があります。

結果はやはりある程度のクリックガイドがある方が揺らぎを感じやすく、癒し効果が高いというのが伺えました。

サンプルを聞いてみてください。

icon image

リハーサル音源なので、編集などはかなり適当です。
ダウンロードはご遠慮ください。

宅録あるある、冷蔵庫のモーター音がバリバリ入っていますが、本収録の時にはなくなります。

フルートの音がとても美しく収録できていますが、ここはやはりEM158とF3の最強コンビのおかげ。

EM158はDPA4060やゼンハイザーのMKE2などと匹敵どころか、遥かに超えてきているポテンシャルを感じます。

もう一種類サンプル音源を。

技術的な問題は何もなく、あえて見つけるならモニター環境。

やはり市販のヘッドホンアンプではプロの制作には耐えれない箇所がいくつかあり、FXオーディオのヘッドホンアンプにパラアウトする方法がベストなようです。

当スタジオの音響顧問:五島先生からもパラアウトがいいと言われていたのですが、『いや〜クリック確認するだけだから』とマルチチャンネルにしてしまったのはちょっと反省。

顧問のいうことは聞かないとですね。

ここからどうコーディネートしていくか?

それは視聴者のみなさんがどうすれば癒し効果を最大限受け取ることができるのか?

を追求する、考察していくことにあります。

周波数は432hz、そしてテンポはどうするのか?どの程度BPMから揺らぎを入れるのか?

ファイル・ロケーション: Daily