【スタジオレポ】432hzで楽器との同時収録&録音方法

最終更新日

この記事はAmazonをはじめとした各種広告を含みます。

こんにちは。

Kotaro Studioのこうたろうです。

先日制作を開始した432hzシリーズの楽器シリーズ、第一弾としてフルートとのデュオを開始しました。

icon image

愛と調和の周波数〜432hz音楽作品はCuranz Soundsへ!

432hzでの収録方法

まずピアノに関しては生ピアノは使えませんので、サンプリング音源になります。

問題はこのサンプリング音源をフルートとどのように録音するのか?

考えられるプランは大きく分けて2つあります。

  1. ピアノ伴奏を先に収録してから、フルートを別録りする方法。
  2. 同時録音する方法。

これらはフルートに限らずボーカルの録音などにも応用できます。

当然ピアノが生楽器の場合はマイキングによって収録しミックス(当スタジオのやり方です)しますが、サンプリング音源の場合はどうしてもこの2種類になります。

今回は2番目の同時録音する方法を模索します。

フルートの録音方法を決める

当スタジオが発信するnoteアカウント『音楽家育成塾』では様々な楽器の収録についてレクチャーしています。

まだ木管や金管の収録方法をアップしていませんが、ざっくり解説すると今回のような企画の場合は、ボーカル同様モノラルで収録しステレオのピアノに対して定位を決めて行く方法と、フルートパート自体もしっかりとステレオで収録し、そのままピアノとフェーダーバランスを中心にポイントを探る方法。

両者とももちろん正解なんてありません。

モノラルで録音したパートだって、複数チャンネルで特殊な効果を演出することも可能ですし、制作のコンセプトによります。

今回は癒しの音響であるということもあり、やはりリバーブ感やディレイ感も大切にしたい、そのままの空間を残したいというスタジオの録音方針をそのままにしたスタイルでやはり無指向性マイクのAB方式でフルートパートをステレオ録音することにしました。

必要なチャンネルは2つ

当然ピアノパートはサンプリング音源ですので、オーディオチャンネルは不要です。

icon image

MIDIに関して深く知りたい方は音楽家育成塾のこちらの記事を参考にしてください!

マイクアンプはやはりF3を選択。

F3 Field Recorder / サウンドハウスで見てみる

2チャンネルのシンプルな録音にはやはりF3が現在のところ最強かなと思います。

入力が埋まり、同時録音の際ここからが大変重要になってきますが、二人の奏者がどうやって同じ音をモニターするのか?

当然F3についているヘッドホンアウトは一つ。

そこで便利なのがマルチアウトヘッドホンアンプです。

今回用意したのがマッキーのもの。

MACKIE ( マッキー ) / HM-4 ヘッドホンアンプ

これでF3のラインアウトからHM-4のフォンインに接続し、モニターを複数チャンネル確保することができました。

F3からHM-4に接続するにはこちらのケーブルを使用します。

CMP010 オーディオケーブル ステレオミニ フォン 1m

もちろん他の代替方法はたくさんあります。

F3のラインアウトからミキサーに入れる方法や、ラインアウトからシングル出力のヘッドホンアンプにパラアウトする方法(この方法が最も音質は良い)など。

シングル出力のヘッドホンアンプにパラアウトする方法ですと、音質は最高ですが、その個数分電源が必要になるのでその点はデメリットになります。

こちらの記事の真ん中あたりのFXオーディオの物などは特におすすめ!

これでピアニスト、器楽奏者二人が『432hzピアノ音源+フルートの録音音源』を同時にモニターして収録する環境が整いました。

ちなみにモニターヘッドホンは収録用(フルート奏者)にはCLASSIC PRO / CPH7000を使います。

フルートのマイキングはもちろんHD25。

ゼンハイザーHD25は音楽やるなら、録音やるなら必ず一個は持っておいてください。

SENNHEISER HD 25 PLUS

当サイトでも一押しの中の一押し。

本当に素晴らしい音を体験できます。

上位モデルもあるんですが、このHD25の方がいいんです。

サウンドハウスでの価格

スタジオの音響顧問:金田式DC録音の五島昭彦氏も絶賛、何個も持っています。

関連記事:HD25 分解と修理

SONY / MDR-CD900ST

これを外すわけにはいきません。

業界では定番中の定番。

オーバーイヤータイプですので長時間のモニター、制作におすすめです。

サウンドハウスでの価格

ただし、業界ではどこでも誰でも持っているので持ち出す時は名前を書くなど目印が必要かも?!

関連記事:定番モニターヘッドホン3選

CLASSIC PRO / CPH7000

サウンドハウスのオリジナルブランドのモニターヘッドホン。

サウンドハウスでの価格

お安く提供してくれていますが、その分余計な加工がされていないため、とても素直でフラットな音を提供してくれます。

非常にコスパのいいモニターヘッドホンです!

そして筆者は今回の企画では録音エンジニア兼プロデューサー兼ピアニストでもあるため、演奏中は耳が痛くならないようにAustrian Audio / Hi-X15を使います。

サウンドハウスでの価格

モニターヘッドホンはこのように用途によって使い分けると便利です。

例えばマスタリング作業の際も、音そのものの質に関してはHD25がベストですし、リバーブやディレイ感、空間のことをモニターするのにはAustrian Audio / Hi-X15の方がいいです。

是非みなさんの参考にしてみてください。