【スタジオレポ】432hz の新譜〜美しいピアノの音とは?

この記事はAmazonをはじめとした各種広告を含みます。

現在立て続けにピアノアルバムのリリース準備を進めています。

432hzで聴く平成ヒットソングシリーズ

432hzで聴く癒しのクラシック音楽シリーズ

432hz 天使が舞い降りる天使のピアノシリーズ

いずれも美しいピアノの音になっています。

noteの近況報告にて詳しくまとめていますのでこちらもフォローお願いします

では美しいピアノの音とは何か?

少し考察してみましょう。

使うプラグインは3つだけ

Kotaro Studioで使うプラグインは3つだけ。

EQとリバーブと、申し訳なさ程度のリミッターです。

この3つで作れない音は録音失敗、もしくは収録失敗とみなします。

それはどんな制作においてもです。

また、EQを大幅に変えなきゃいけないとかも然り。

美しいピアノの音創り

美しいピアノの音と一言にいっても、芸術の世界ですから、言語化は容易ではありません。

一つに、ハンマーの空洞を感じられる録音、「コッ、コツッ」という駆動部分の空間ですね。

もう一つに音の伸び方が適切かどうか。

適切ってもうちょっと定義しろよと思われるかと思います。

ピアノが発生されたあとの伸び方はちょうど花火をイメージするといいかもしれません。

最初打ち上がった音は頂点に到達する前に推進力を一旦低下させます、そして開く頂点に来た時に爆発。

爆発という言い方は少しお下品ですね。

開くという言い方が適切かもしれません。

それは時間軸を伸ばすとちょうどビンテージワインのような感覚。

ある時間軸から突然開くのではなく、開き方もフェードインフェードアウト、そして散っていく。それもはかなく。

それが美しいピアノの音であると思っています。

これは実際に生のピアノを演奏する際にも同じこと。

どんなに早いパッセージのフレーズが出てきてもすべての音に対して同様のイメージを持つ必要があります。

そしてペダリング。

ペダリングはちょうどチャーハンでいうところの卵です。

一音一音ちゃんと卵でコーティングするように艶を出していく必要があります。

これは電子ピアノでも同じこと。

電子ピアノでオーディオにコンバートしたときにこの打ち上げ花火があるかどうか、そしてその花火をどうコーディネートするのか?

がEQとリバーブにかかっているわけです。

リミッターは商品としての保険です。

万が一があってはいけませんから。

できればかけたくない存在です。

美しいピアノをみなさんにお届けするために

Kotaro Studio の音楽作品ブランド『Curanz Sounds』から上記3点近日中にリリースされます。

サイトのフォローやブックマークよろしくお願いします。

ファイル・ロケーション: Daily