閉じる

【投資備忘録】+ 米ファイザー、コロナワクチン出荷遅延へ (1月15日 – 金曜日)

ダウ前日比:-0.57%

S&P500前日比:-0.72%

ナスダック総合前日比:-0.87%

【しっかり学ぶ人限定オススメ本】投資をするなら必ずゲットしたい7冊の本 (サイト内記事)

学校では教えてくれない株式市場の6つの真実

マーケットは気持ちよいくらいにズルズル落ちていきましたね。

金融セクターは木曜日から下落傾向でしたが、金曜日個人的に最も注目していたのはSEDGでした。

イスラエルの企業ですが、太陽光発電関係の企業です。

【イスラエル発】米国上場銘柄3選

いい感じの落ちですね。

長期的に買いと判断している銘柄で、短期的に大きく動くときはポイントポイントで利益を取っていくというのは狼狽売りのリスクもなく安定したリターンが期待できるのではないかと個人的には思っています。

他にもみんな大好きプラグパワーも結構下げてきていますよね。

大統領就任までの間ピリピリした感じが続くのではないでしょうか。

ずっと上がり続ける相場も怖いし、逆も然り、この常にリスクを抱えて勝負する恐怖感がワクワクゾクゾクさせてくれます。

気になるニュース

世界のコロナ死者、200万人超える

世界の死者は200万66人。

感染者の累計9332万1070人。

地域別の死者数で見ると、欧州が65万560人、中南米が54万2410人、米国・カナダが40万7090人となっています。

死者が多い国別で見ると、米国(38万9581人)、ブラジル(20万7095人)、インド(15万1918人)、メキシコ(13万7916人)、英国(8万7295人)、イタリア(8万1325人)となっています。

memo

米国の死者数が凄い。

インドも多いですが、元々の人口も多い。

100年前のスペイン風邪の時は、累計80万感染、1万人死亡という数字を見かけました。

もちろん当時とは世界の人口数も違えば、国際移動の規模も違いますので同じ感覚では見れないと思います。

しかし、歴史は繰り返す。

すでに始まっていた金融緩和に大量の油を注ぐ結果となったコロナパンデミック。

ゼロ金利の影響もあり、当面は緩和が進むと思われてはいますが、投資家、投機家の中には次の金融危機に早くも備えている方も少なくないかと思います。

この時代を全く知らなくても1929年のお話はどこかで必ず耳にしたことと思います。

1929を経験したあとに書かれたバリュー投資の父:ベンジャミン・グレアムの「証券分析」は当時の様子を垣間見ることができますので、勉強ついでに読んでみてはいかがでしょうか。

ポイント

今から100年近く前に書かれた本ですが、現代でも変わらない投資の哲学が凝縮されています。
この証券分析を読むとウォーレンバフェットの言っている事、投資スタイルなど一貫性があり、強い師弟関係を感じることができます。
また、現代ではすでに存在しない会社なども例として挙げられており、米国株の長い歴史を感じることができます。
かなりヘビーな情報量でヘビーな価格ですが、本気で投資をやりたい方や、古典をしっかり学びたい方にはオススメです。

ヨーロッパの方では厳しい再ロックダウンなど、終息の目途がまだ立たないコロナパンデミック。

時代が時代ですので情報が錯綜しがちですので、しっかりと見極めていきたいところであります。。。

米ファイザー、コロナワクチン出荷遅延へ

向こう3~4週間にわたり出荷ペースを落とすと発表しました。

ファイザーによると、ベルギーのプールス(Puurs)工場で、来月中旬から生産能力を増強するための改修が必要となったと発表しています。

このため、向こう3~4週間はペースが落ちますが、2月下旬から3月にかけての出荷は「大幅に増える」予定とのことです。

memo

ワクチン一番乗りのファイザー製がペースダウンというと悲しいニュースではありますが、3月以降から大幅に増えるとなれば今耐えた方が得策なのかもしれません。

ファイザー製は保管方法が特殊なため、輸送でのトラブルなども多数報告されています。

慣れてくれば問題はなくなるかと思いますが。。。

さて、日本ではオリンピックを政府は開催予定の方向で進めていますが、果たしてどんなオリンピックになるのでしょうか。

Lightning round

Cramer’s lightning round

★視聴者が気になる銘柄をJim Cramer (ジムクレイマー)に電話で相談するMod Money 内の人気企画、ライトニングラウンドで紹介された銘柄の株価と公式サイトをチェック&アーカイブ。
★これまで知らなかった銘柄や、米国の個人投資家がどんな銘柄に興味を持っているのかを見ることができるので、銘柄選定や企業を知る上で貴重な資料になっています!
★当サイトの検索窓から企業名を検索すると過去のコメントなども参照できるため投資資料として便利にお使いいただけます。

American Airlines (NASDAQ: AAL)

“I think that that stock has now moved up too much. They did the giant equity offering, they had to do it, they had to raise money. I don’t know how much money they’re losing. … My suggestion is: buy the stock of Boeing because, if it really comes back, everyone is short planes and needs them.”

「その在庫は今、あまりにも上がっていると思います。 彼らは巨大な株式の提供をしました、彼らはそれをしなければなりませんでした、彼らはお金を調達しなければなりませんでした。 彼らがどれだけのお金を失っているのかわかりません。 …私の提案は、ボーイングの株を買うことです。なぜなら、それが本当に戻ってきた場合、誰もが短い飛行機であり、それらを必要としているからです。」

CNBC:Jim Cramer

American Tower (NYSE: AMT)

“I like Crown Castle more. … The reason why AMT’s going down is because, like Crown Castle, it trades off of interest rates. It shouldn’t, these are growth companies, but that’s what happens. I would prefer you to be in CCI than I would you to be in AMT.”
「私はクラウンキャッスルがもっと好きです。 … AMTが下がる理由は、クラウンキャッスルのように、金利とトレードオフするためです。 すべきではありません、これらは成長企業ですが、それが起こります。 AMTに参加するよりも、CCIに参加することをお勧めします。」

CNBC:Jim Cramer

Opko Health (NASDAQ: OPK)

““I don’t know what to say, Keith. I’m glad you brought this up. … I’m beginning to believe, you don’t want to hear this, but the day is not arriving, at least not anytime soon.”
「何と言ったらいいのかわからない、キース。 あなたがこれを持ってきてくれてうれしいです。 …私は信じ始めています、あなたはこれを聞きたくないのですが、少なくともすぐには、その日は到来していません。」

CNBC:Jim Cramer

General Motors (NYSE: GM)

“That company could be worth far more. … I think it’s real good.”
「その会社ははるかに価値があるかもしれません。 …本当に良いと思います。」

CNBC:Jim Cramer

Surface Oncology (NASDAQ: SURF)

“I candidly am not in the genomics oncology business, but I know that this is where, if you wanted to have a speculative stock, it seems like a very good place to be.”
「私は率直にゲノミクス腫瘍学のビジネスに携わっていませんが、投機的な株を持ちたいのであれば、ここがとても良い場所のように思える場所であることを私は知っています。」

CNBC:Jim Cramer

S&P Global (NYSE: SPGI)

“I think SPGI is a remarkable company. I like this acquisition, I think it’s great. Some of these high-growth companies have started to roll over. People are scared. I think you should actually buy some SPGI.”
「SPGIは素晴らしい会社だと思います。 この買収が好きです。素晴らしいと思います。 これらの高成長企業のいくつかは、ロールオーバーを開始しました。 人々は怖いです。 実際にSPGIを購入する必要があると思います。」

CNBC:Jim Cramer
注意

・紹介銘柄への投資を推奨するものではありません。
・投資は自己責任です
・みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

こうたろう

当サイトの管理人
元ピアニスト
ドイツで2枚目のアルバムを制作し帰国後、ワンポイント録音の魅力に出会いすぐに裏方へ転身。
金田明彦氏直伝金田式DC録音専門の「タイムマシンレコード」代表の五島昭彦氏に弟子入り。
タイムマシンレコードでアシスタントとして音響を学び金田式DC録音の洗礼を受ける。
その後独立し音楽作品制作チーム「芸術工房Pinocoa(現在は活動休止)」を立ち上げ。
ジャンルを超えた様々なアーティストをプロデュース。
その後サウンドデザイナーとして秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」で映像制作チームに加入し、サウンドデザインの仕事をしながら写真と映像を学ぶ。
現在はPythonを使ったデータ分析や、トレンドフォロー投機を研究しつつ、フォトグラファー&音響エンジニアとしてゆるりゆらりと活動中。

趣味は毎朝楽しむコーヒーと竜笛(和楽器の練習)
好きな動物は猫。
好きな食べ物はカリフラワー

© 2021 Kotaro Marks | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free