閉じる

【投資備忘録】+ ジョー・バイデンは、1.9兆ドルのコロナウイルス支援策を発表 (1月14日 – 木曜日)

ダウ前日比:-0.22%

S&P500前日比:-0.38%

ナスダック総合前日比:-0.12%

【しっかり学ぶ人限定オススメ本】投資をするなら必ずゲットしたい7冊の本 (サイト内記事)

学校では教えてくれない株式市場の6つの真実

さて、昨年末からマリファナ関連株に投機していますが、マリファナセクター全体がここ数日止まらない上げ幅を見せています。

【マリファナ銘柄】私が再びマリファナ株を買う3つの理由

サイモン率いるアフリアとティレイの合併は業界ではかなり大きな出来事だと思います。

アフリアはビールの醸造所なども買収し、今後業界で必要になってくるであろう販路や施設をしっかり買い集めてティレイと合併、ティレイはティレイで、ドイツやポルトガルと、欧州への太いパイプを持っていますから、サイモンはまさに巨大大麻企業への道をコツコツと進んで行っていると言えます。

2020年11月米国のクラフトビール醸造所SweetWater BrewingCompanyの3億ドルの買収を完了。

アフリアは昨日、第2四半期の純収益が前年同期と比較して33%増加したと報告。

2021年以降は大麻飲料が注目されています。

大麻企業大手のキャノピーはすでに飲料系を流通させていますが、なんだかパッとしない印象。

続いてアフリア(ティレイ)もビールの醸造所を買収し、飲料系を強化していくようです。

そんな中でもう一社頭角を現してきているのがへクソコープ。

こちらも飲料系はしっかりと抑えており、先日新商品となるべリーベルを発表しています。

ポイント

モルソンクアーズとの合弁会社「トラスCBDUSA」から、ノンアルコールのスパークリングCBDドリンクであるVeryvellを発表しました。

HEXOのCEO兼共同創設者であるSebastienSt-Louisは声明の中で、「Truss CBD USAをサポートするために、米国に追加の資本を投資する短期計画がある」と述べており、現在、飲料以外のパートナーと交渉中であると述べています。

べリーベルの商品ページ(年齢確認が必要)

へクソコープの飲料系の特徴と言えば、ノンアルコールということ。

他の企業は基本的にビールに混ぜたりと、アルコールとミックスして販売しています。

筆者の海外の友人の話では、マリファナのコアなファンはアルコールとのミックスを嫌うそうです。

そういう意味ではへクソコープは特にマリファナへの純粋な愛を強く感じるのは筆者だけでしょうか。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、アルコールはアッパー系のドラックで、分類としてはメタンフェタミンやコカインなどと同様のハードドラックに分類されています。

一方でダウナー系でソフトドラックに分類されるマリファナですから、混ぜることに抵抗がある人がいるのも不思議ではありません。

純粋にTHCとCBDを選択して飲料で気軽に摂取できるというのは、これまでありそうでなかった意外と画期的な商品なのかもしれません。

短期的にちょっとバブル気味なマリファナセクターですが、バイデン政権下でグリーンラッシュの最終形態を迎えるアメリカ。

日本に住んでいるとどうしてもマリファナと聞くとネガティブなイメージがあり、投機対象にはならないかと思いますが、個人的にはリスク管理をしっかりしつつ、グリーンラッシュの締めくくり、最後の波に乗りたいと思っています。

気になるニュース

ジョー・バイデンは、1.9兆ドルのコロナウイルス支援策を発表

計画は次の通りです。

ほとんどのアメリカ人に1,400ドルの支給、12月に支給した600ドルを含む合計2,000ドルの給付。

連邦政府の週あたりの失業手当を400ドルに増額。

9月末まで延長する連邦の最低賃金を1時間あたり15ドルに引き上げ。

立ち退きと差し押さえを9月末まで延長。

州および地方政府の援助で3500億ドル幼稚園から高校までの学校と高等教育機関に1,700億ドルCovid-19テストに向けて500億ドル州、地方、部族と協力した全国ワクチンプログラムに向けて200億ドル児童税額控除をその年の全額返金可能。

子供1人あたり3,000ドル(6歳未満の子供は3,600ドル)支給。

CNBC

memo

規模がでかいですね。

さすが大国です。

二か月で2000ドル支給されて+失業手当が週400ドルとなるので、普通に生きていて職がなくなった人は1月は3000ドル以上支給してもらえることになります。

子供がいる家庭であれば、6000ドルを越えてきます。

もちろんこれは、継続してもらえる額ではありませんが、リモートワークで特に困っていない富裕層にしてみれば、全額株式などのマーケットにそのままお金が流れることが予想できますね。

こうしてみると、日本は支援策が少し寂しい気もしますが、まあ日本には日本のやり方があるのかもしれませんね。

日経平均だけ見ると凄まじい好景気に見えますよね。

日本株もETFや個別銘柄ちょっとつまんでいますが景気がいいです。。。

フランス:国内全土を対象に午後6時以降の夜間外出禁止令

外出禁止令は16日から(最低でも)2週間継続。

フランスではこれまで、多くの地域で午後8時から、また、東部などの一部地域では午後6時からの外出禁止令が出されていました。

memo

ヨーロッパはかなり窮屈な規制ですが、それを緩和するだけの支援がセットになっているそうです。

そりゃまあ、あの辺の国々ですから、支援もなしで、ここまでの厳しい規制となれば、普通に考えて暴動が起こりますよね。。。

日本は本当に平和な国だと思います。

緊急事態宣言が出されても普段と何も変わらないし、治安も悪化しない。

最低限の生活は生活保護で保証される。

日本国籍最強です。

個人的には一生手放せない宝物は日本国籍です。

Lightning round

Cramer’s lightning round

★視聴者が気になる銘柄をJim Cramer (ジムクレイマー)に電話で相談するMod Money 内の人気企画、ライトニングラウンドで紹介された銘柄の株価と公式サイトをチェック&アーカイブ。
★これまで知らなかった銘柄や、米国の個人投資家がどんな銘柄に興味を持っているのかを見ることができるので、銘柄選定や企業を知る上で貴重な資料になっています!
★当サイトの検索窓から企業名を検索すると過去のコメントなども参照できるため投資資料として便利にお使いいただけます。

Ballard Power Systems (NASDAQ: BLDP)

“Ballard ’s, but Plug [Power] is my fave.”
「バラードですが、プラグ[パワー]は私のお気に入りです。」

CNBC:Jim Cramer

Romeo Power (NYSE: RMO)

“I like Romeo Power. I like the battery solution. I think it’s good. … This is one that’s come down a lot and I think it’s kind of attractive, frankly.”
「私はロメオパワーが好きです。 私はバッテリーソリューションが好きです。 いいと思います。 …これはよくあることで、率直に言って魅力的だと思います。」

CNBC:Jim Cramer

Occidental Petroleum (NYSE: OXY)

“You are going to have to get out of it eventually … You’ve got this window. I bet it goes back to where you bought it, but then you’ve got to roll. That’s what I would do.”
「最終的にはそれから抜け出す必要があります…あなたはこのウィンドウを持っています。 きっとあなたがそれを買ったところに戻るでしょう、しかしそれからあなたは転がらなければなりません。 それが私がすることです。」

CNBC:Jim Cramer

Salesforce (NYSE: CRM)

“People don’t like the acquisition. Once the deal closes, they will. I think Salesforce is having a real good quarter, real good year. I sense your frustration. I almost pulled the trigger … to buy back more Salesforce. We’re holding off right now, but I think we’re going to have to start buying next week.”
「人々は買収を嫌います。 取引が成立すると、彼らはそうするでしょう。 Salesforceは本当に良い四半期、本当に良い年を迎えていると思います。 私はあなたの欲求不満を感じます。 私はほとんど引き金を引いた… Salesforceをもっと買い戻すために。 今は延期していますが、来週から購入を開始する必要があると思います。」

CNBC:Jim Cramer
注意

・紹介銘柄への投資を推奨するものではありません。
・投資は自己責任です
・みなさんの参考になれば幸いです。

この記事を書いた人

こうたろう

当サイトの管理人
元ピアニスト
ドイツで2枚目のアルバムを制作し帰国後、ワンポイント録音の魅力に出会いすぐに裏方へ転身。
金田明彦氏直伝金田式DC録音専門の「タイムマシンレコード」代表の五島昭彦氏に弟子入り。
タイムマシンレコードでアシスタントとして音響を学び金田式DC録音の洗礼を受ける。
その後独立し音楽作品制作チーム「芸術工房Pinocoa(現在は活動休止)」を立ち上げ。
ジャンルを超えた様々なアーティストをプロデュース。
その後サウンドデザイナーとして秋山庄太郎氏後継の写真スタジオ「村上アーカイブス」で映像制作チームに加入し、サウンドデザインの仕事をしながら写真と映像を学ぶ。
現在はPythonを使ったデータ分析や、トレンドフォロー投機を研究しつつ、フォトグラファー&音響エンジニアとしてゆるりゆらりと活動中。

趣味は毎朝楽しむコーヒーと竜笛(和楽器の練習)
好きな動物は猫。
好きな食べ物はカリフラワー

© 2021 Kotaro Marks | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free