【米国株備忘録】+ ロシアのスプートニクV開発者とCovidワクチンの組み合わせを検討 (12月11日 – 金曜日)

前日比前日比(%)1ヶ月利回り変化幅
INDU:INDNYダウ 工業株30種30,046.37+47.11+0.16%+2.21%
SPX:INDS&P 500種3,663.46-4.64-0.13%+2.18%
CCMP:INDナスダック 総合指数12,377.87-27.94-0.23%+4.64%
NYA:INDNYSE 総合指数14,355.29-39.05-0.27%+4.32%
SPTSX:INDS&Pトロント総合指数17,548.92-44.42-0.25%+5.24%

【しっかり学ぶ人限定オススメ本】投資をするなら必ずゲットしたい7冊の本 (サイト内記事)

vixの上昇が気になっていたのもあり、短期~中期枠を一部利確し、現金の割合を高めています。

vixの動向はしっかり注視しながら立ち回っていきたいですね。

NIOが大きく下げていました。

他にレモネードも大きく下がりましたが、個人的には良い回転ペースに乗れているのでラッキーです。

気になるニュース

ロシアのスプートニクV開発者とCovidワクチンの組み合わせを検討

英国の製薬大手アストラゼネカは金曜日、ロシアのガマレヤ研究所と協力し、2つのコロナウイルスワクチン候補をうまく組み合わせることができるかどうかを調査すると発表しました。

この発表は、Sputnik V Covid-19ワクチンの開発者が先月末にTwitter経由でアストラゼネカにアプローチ。

2つの一般的な風邪ウイルスベースのワクチンを組み合わせて有効性を高めるかどうかを尋ねた直後に開始されました。

「異なるCOVID-19ワクチンを組み合わせることができることは、防御の改善および/またはワクチンのアクセス可能性の改善に役立つ可能性があります。」

「ワクチンを組み合わせると、長期間にわたって免疫力が向上する可能性もあります」

アストラゼネカは金曜日の声明

ロシアは、進行中の試験の予備的な結果を引用し、スプートニクVが人々がウイルスに感染するのを防ぐのに90%以上効果的であると主張しています。

memo

コロナウイルスのワクチンをいち早く開発したロシア。

普通じゃない開発速度に世界から疑惑の目が向けられていましたが、このように開発者が海外の機関にアプローチするというのは、ある程度隠し事をする必要のないワクチンであることがわかります。

もしかすると世界で一番優秀なワクチンかもしれませんし、そうじゃないかもしれません。

大切なことは可能性を潰してしまうことであり、今回のように、可能性をしっかりと拡張していくアプローチは多くの人の未来を救うことに繋がると思います。

ここからはかなり個人的な感想ばかりになってきますが、ロシアって教育水準がめちゃくちゃ高いように感じます。

縁あってロシア人は何人か友達がいますが、皆日本では考えられないくらい勉強熱心で、とにかく学ぶ心を忘れない。

どんなことでも学びに換える性質があるように感じます。

もちろんサンプルサイズは非常に小さなものなのでたまたまかもしれません。

あるロシア人化学者は日本語を完全マスターしていましたが、「なぜ日本語を学ぶ必要があったのか?」と尋ねると、「日本の地質学の資料を参考にしなければいけない研究があったから」と答えていました。

そのために半年かけて日本語をマスターしていました。

学ぶためのガッツもすごいですし、吸収する知力もすさまじいものがあります。

謎だらけのロシアです。

知力も謎だらけだと思います。

第二次大戦後にドイツから仕入れたマイクロフォンやカメラレンズの技術なども驚くほどの速度でコピーしました。

そういう意味ではロシアでコロナワクチンが開発されたニュースが出た際も、筆者は個人的にですが、そこまでその効果に疑惑の目はなく、謎の知力を持つロシアならありえるのかもしれないと感じていました。

少しでも良くなるように、わずかな可能性も逃さない開発者の向上心には至上の敬意を表したいです。

Lightning round

Cramer’s lightning round

★視聴者が気になる銘柄をJim Cramer (ジムクレイマー)に電話で相談するMod Money 内の人気企画、ライトニングラウンドで紹介された銘柄の株価と公式サイトをチェック&アーカイブ。
★これまで知らなかった銘柄や、米国の個人投資家がどんな銘柄に興味を持っているのかを見ることができるので、銘柄選定や企業を知る上で貴重な資料になっています!
★当サイトの検索窓から企業名を検索すると過去のコメントなども参照できるため投資資料として便利にお使いいただけます。

Tortoise Energy (NYSE: TYG)

株価チェック (執筆時点 : 21.92 USD)

公式サイト

2003年10月29日設立。

“That group has been horrendous. They all started bottoming at the same time that oil bottomed and they’re coming back. I would just hold onto it, but I don’t know exactly what’s in it because … it’s kind of a holding company.”
「今日は在庫が少し入ったが、ウォルグリーンと一緒にワクチンを入手できるようにするための主要な方法になるだろ「そのグループは恐ろしいものでした。 それらはすべて、石油が底を打ったと同時に底を打ち始め、彼らは戻ってきています。 私はそれを握るだけですが、何が入っているのか正確にはわかりません。なぜなら…それは一種の持ち株会社だからです。 」

CNBC:Jim Cramer

Nano Dimension (NASDAQ: NNDM)

株価チェック (執筆時点 : 6.14 USD)

公式サイト

2012年設立。

スマート家電向けの3Dプリント製IoT通信デバイスを開発イスラエルの3Dプリントエレクトロニクス企業です。

“If I want 3D print I’d be going to HPQ. … it’s a crowded field.”
「3Dプリントが必要な場合は、HPQに行きます。 …混雑したフィールドです。」

CNBC:Jim Cramer

United Airlines (NASDAQ: UAL)

株価チェック (執筆時点 : 48.36 USD)

公式サイト

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに本拠を置く航空会社です。

“I think United is a coiled spring, but you’re going to have to deal with a couple real bad quarters. So I say put it on hold, you don’t have to chase it.”
「ユナイテッドはコイルばねだと思いますが、いくつかの本当に悪い四半期に対処する必要があります。 だから私はそれを保留にすると言います、あなたはそれを追いかける必要はありません。」

CNBC:Jim Cramer

Nvidia (NASDAQ: NVDA)

株価チェック (執筆時点 : 520.53 USD)

公式サイト

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカーです。

【未来の覇者?!】未来を創る4つの半導体銘柄

“I say hold onto Nvidia.”
「私はNvidiaを握ると言います。」

CNBC:Jim Cramer

Fastly (NYSE: FSLY)

株価チェック (執筆時点 : 95.69 USD)

公式サイト

“I think Fastly – it had a decent quarter, not a great quarter.”
「私は速く思います-それは素晴らしい四半期ではなく、まともな四半期でした。」

CNBC:Jim Cramer

JD.com (NASDAQ: JD)

株価チェック (執筆時点 : 82.61 USD)

公式サイト

“JD had a great quarter … I’m starting to warm up to JD.”
「JDは素晴らしい四半期でした…私はJDにウォームアップし始めています。」

CNBC:Jim Cramer

Viatris (NASDAQ: VTRS)

株価チェック (執筆時点 : 17.34 USD)

公式サイト

1961年設立。

ペンシルベニア州に本拠を置く製薬会社。

主な事業分野は後発医薬品で、2007年にはドイツの医薬・化学メーカー、メルクからジェネリック医薬品部門を買収して事業を拡大しています。

“I think you should be in Bristol-Myers.”
「私はあなたがブリストルマイヤーズにいるべきだと思います。」

CNBC:Jim Cramer
注意

・紹介銘柄への投資を推奨するものではありません。
・投資は自己責任です
・みなさんの参考になれば幸いです。